スーツのいやな臭いを消す方法ってある?~口コミはこちら | クマノテ

スーツのいやな臭いを消す方法ってある?~口コミはこちら

スーツの臭いを消す方法
 

『スーツのいやな臭いを消す方法ってある?』という質問をアンケートして聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。(口コミ5件)
↓  ↓

■その1

スーツの臭い全般を消す一番効果的(簡単かつ経済的)な方法は外に干すことです。

 

帰宅したらすぐハンガーに掛けて外に2時間くらい干してみてください。風が強めの日でしたら1時間くらいでも効果があります。朝まで干してしまうと朝露の湿度でかえって臭いが復活してしまうのでご注意ください。

 

お天気が悪い日は扇風機を使うのも効果的です。

湿気が多い時期は外干ししても効果が期待できないので、室内で除湿機の風をあてるようにすると良いですよ。

 

市販のもので臭いを消す方法もいろいろと試してみましたが、エステー化学の「ドライペット快適」が一番効果を感じました。使い方もとても簡単で、一晩で臭いがキレイサッパリ消えるのでこちらもオススメします。

 

■その2
自分はスーツには臭いがつかないようにいろいろと工夫を行っております。

 

まず一つは予防です。

自分はスーツをハンガーなどにかけるのではなく、スーツ専用の収納袋に入れております。これで飲み会や焼き肉などにいくときは、背広に臭いをつけることなく頑張っております。

 

二つ目はファブリーズを毎日スーツにかけております。

これによって自分は毎日いい香りがするスーツを持続を行っているのです。自分は汗かきで、汗のにおいも強烈ですが、毎日継続をして行っているおかげでスーツからいい匂いがして、中和を行っております。

 

これによって四季のなかで、一番臭いが発生しやすい夏場なども乗り切っているのです。べたな方法かもしれませんが、これで自分も克服ができたので、お勧めします。

 

■その3
私は就職活動中など、スーツを着用していた時にはよく、ファブリーズなどの消臭スプレーを使っていました。

 

一番良いのはもちろんクリーニングにお願いすることだとは思うのですが、時間やお金がかかってしまうので、手っ取り早い方法として、消臭スプレーに頼っていました。

応急処置とは言え、使うのと使わないのとでは差はハッキリ出ますし、気持ち的にも「やることはやった」と思えます。

 

今時洗えるスーツもあるようなので、もしそれを購入しているのならば気軽に洗濯できて良いと思いますが、まだ多くの人は普通のスーツを着ていると思います。

その場合はやはり、消臭スプレーを使うのがベストです。使った後は、風通しの良いところにハンガーでかけておくと、翌日には良い具合になっています。

 

■その4
毎日仕事で一生懸命働いていると、夏場でなくても汗をかいたりしてスーツの臭いが気になります。

さらにアフターファイブに飲み会で居酒屋に行けば、食べ物の臭いや油の臭い、極め付けはタバコの臭いが染み付いてしまって家に帰ると家族に嫌がられたりします。

 

繊維に染み付いたいやな臭いを消すために一番効果的な方法は、たっぷりの水で洗うことですが、スーツは家庭でなかなか気軽に洗えるものではありません。

そこでファブリーズやリセッシュなどの衣類用の消臭剤が活躍します。

スプレーでスーツの表面に満遍なくシュッシュと吹きかけて干しておくと、まるで洗ったようにいやな臭いが消えます。
その際は室内で干すよりも外で干す方が、風で乾いて臭いが室内にこもらないのでより効果的です。

 

ただ、やはりスプレーでの消臭は限界がありますので、クリーニングに出す際は何度かに一度はドライクリーニングではなくアクアウォッシュ(水洗い)コースを利用するのがオススメです。

臭いも汚れも落ちてスッキリします。

 

■その5
できる環境があれば完全に臭いは消えます。

まず全体にファブリーズをします。

しばらくそのスーツは着れません。毎日ファブリーズを全体にします。
2週間ぐらいすれば臭いはかなり消えます。

 

ですがもっと臭いをけしたいのであれば、ゴミ袋に入れて可能な限り丸めます。

それを冷凍庫にいれます。冷凍して3日ぐらいしたらあとは陰干しして2,3日待ちます。
そうすると臭いは完全に消えます。

これはスーツが入る冷凍庫を持っている家庭だけ出来るわざですが、いがいと丸めると入るものですよ。

 

ここで注意は、ファブリーズをしたあとに保管する場所はかならず乾いた場所にしましょう。
洗濯物の近くとかは絶対にダメです。乾燥している場所で陰干ししましょう。でないと臭いがむしろひどくなる場合があります。

 

>>200人分の汗臭も!わずか3分で消える!急速イオン消臭ヌーラ

 

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ