便秘 善玉菌を増やす方法【ビフィズス菌とどう違う?】 | クマノテ

便秘 善玉菌を増やす方法【ビフィズス菌とどう違う?】

◆「善玉菌」頑張れ!

便秘になる原因は実は色々ありますが、やっぱりまずは腸内環境を整えることが大事でしょう。

便秘 善玉菌を増やす方法01

最初に思いつくのは「善玉菌」。

腸内の「善玉菌」の数が「悪玉菌」より優勢で、バランスが取れていると腸の調子が良いのです。

「悪玉菌」が腸内でゼロになることはありません。「悪玉菌」は悪い菌ではあるのですが、免疫などに一役買っている面もあります。しかし増えすぎると体に有害です。重要なことは「善玉菌」が「悪玉菌」より常に多く、“腸内のバランスが良い”状態を保てるかどうかなのです。

 

◆「善玉菌」と「ビフィズス菌」ってどう違うの?

「善玉菌」はいろんな種類の良い菌の総称で、「ビフィズス菌」も「善玉菌」の一つです。

近年、ヨーグルトなどを食べても、その中の「ビフィズス菌」は、胃酸に負けて生きて腸に届かない、と言う結果が出ています。(※生きて届く菌(ビフィズス菌やシロタ菌など)も開発されています。それらの特殊な菌は、胃酸にも負けず、腸まで届きます。)

しかし死滅した「ビフィズス菌」は「善玉菌」の良いご飯になるので、結局「ビフィズス菌」を摂れば「善玉菌」が増えるのです。

 

◆「善玉菌」の増やし方

オリゴ糖や発酵食品(ヨーグルトや味噌、納豆、ぬか漬けなど)、食物繊維などをできるだけ毎日摂取すると、増えるそうです。野菜には食物繊維が豊富に含まれるので、野菜の沢山入った味噌汁は、「善玉菌」の大好物とも言えます。

便秘 善玉菌を増やす方法02

◆食物繊維がお腹に良いのは何故?

食物繊維が腸に良い理由は、「善玉菌」のご飯になるからです。

また、食物繊維は、腸の動き(蠕動運動)を促し、それそのものが便の材料になるので大切です。しかも、食物繊維は腸を通る時、腸の中の“残りかす”を吸着しながら通ってくれるので、結果的に腸を綺麗にしてくれるそうです。

便秘 善玉菌を増やす方法03

◆食物繊維を多く含む“意外な”食べ物

○納豆(普通の納豆とひきわり納豆では、普通の納豆の方が、食物繊維が多いです。)

○パセリ(ハンバーグなどの付け合わせとして添えられていることが多いパセリ。お腹のためには食べてしまうと良さそうですね。)

○とうがらし(あまり多量には食べられませんが…。)

○ラズベリー(甘酸っぱい木の実。パイなどに使われていますね。)

便秘 善玉菌を増やす方法04

今挙げた食品に多く含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」と言って、その名の通り溶けにくいので大腸まで届き、又、保水力が高いので、便の“かさ”を増し、柔らかくしてくれます。積極的に摂っていきたいですね!

 

便秘関連記事
乳酸菌サプリメントのおすすめ一覧

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ