ピーナッツオイルの魅力【揚げ物に最適!】 | クマノテ

ピーナッツオイルの魅力【揚げ物に最適!】

ピーナッツオイル01

皆さんはピーナッツオイルをご存知ですか?

日本ではあまり馴染みのないピーナッツオイルですが、フランス料理や、中華系では沢山使われている調理油なのです。

 

ごま油ほどではないですが、ピーナッツのほのかな風味があり、特に高温で調理するのに適した油なのです。天ぷらや、フライドポテトなどの揚げ物には最適です!

 

熱に大変強く加熱酸化しにくいためカリッとあがり、胃に優しく、時間が経っても他の油に比べ、保ちが良いのが特徴です。また市販されているピーナッツオイルはきちんと精製されていますので、ナッツ類にアレルギ-がある方でも、特に問題が出ない場合が多いそうです。(アレルギ-がある方は念のため注意してください)

 

酸化した油でフライなどを作ると、油っぽく胃にもたれる味になりますし、身体にも良くありませんよね。

 

ピーナッツ油は高温で中華鍋を作って炒める中華料理にも欠かせない存在です。

筆者も様々な中華レストランに行った事がありますが、チャ-ハンや、麺を炒めた料理にピーナッツオイルがよく使われており、結構油が入っているのに、ぎとぎとしていないのが印象に残っています。昔は、ピーナッツオイルの事を知らなかったので、ごま油ではないし、何の油なんだろう?と思っていました。

 

そうです、ピーナッツオイルは実は、さらりとした、あっさり系の油なのです!

そのため、マヨネ-ズを作ったり、ドレッシングにも適性があります。

ピーナッツオイル02

ピーナッツ油には、オリーブオイル同様、オレイン酸等が多く含まれています。

また身体に、良い働きをする、善玉コレステロールは減らさずに、悪玉コレステロ-ルの低下させ、動脈硬化の予防になったり、 肌の保湿効果もあると言われています。

 

筆者も先日ピーナッツオイルで天ぷらを作ってみましたが、からりと揚げる事ができました!風味もよく、胃にもたれない感じは本当に良かったです。

 

未体験の方は、ぜひお試しください、きっと感動しますよ!

ボナペティ!!


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ