スポーツドリンクを徹底比較!【飲みすぎOK!】 | クマノテ

スポーツドリンクを徹底比較!【飲みすぎOK!】

暑い夏や、スポーツの時、肉体労働に欠かせないのがスポーツドリンクです。
体から失われた水分を効率よく吸収してくれます。

しかしながら、スポーツドリンクをお茶代わりに飲んでいると太ってしまうという情報が出回っております。確かにそうですが、使い分けによってお茶代わりに飲むことも可能です。

 

■基本スポーツドリンクは薄める
市販されているスポーツドリンクや、粉タイプのスポーツドリンクはまず、表記されている通りに飲んでしまうとのどが渇きやすく、次々と飲んでしまいたくなるように出来ています。

そこで、基本は2倍~3倍くらいに薄めて飲むことが必要です。吸収効率に差はありません。いわゆる、企業戦略というものです。怖い物です。

 

■それぞれのスポーツドリンクを比較してみる

条件は粉タイプ1リットル分です。

・ポカリスウェット
飲む点滴と言われているもので、カロリーも相当のものです。
288キロカロリーと1リットルで結構なカロリーです。炭水化物などが含まれているのでこれはカロリーが高くても仕方ありません。
用法的には、風邪をひいてご飯が食べれないときくらいにしておきましょう。

スポーツドリンク 比較01

 

・アクエリアス(カロリーオフ)
ポカリスウェットよりはカロリーが低く186キロカロリーです。
さらにクエン酸やアミノ酸が入っており、用法的には疲れたときや体力仕事をした後、筋トレをした後などにもってこいのスポーツドリンクです。

独自の甘味料を使っており、中には苦いと感じられる方も居られるようですが、カロリーオフの製品の場合はアミノ酸やクエンサンが入っているので、苦味もそこまで感じにくい出来上がりになっております。
使用されている甘味料はアセスルファムカリウムです。

スポーツドリンク 比較02

 

・スカイウォーター
ここまで紹介してきたカロリーより低くなんと、70キロカロリーとビックリの低さです。甘味料はアスパルテーム、アセスルファムカリウムなど、使われておりますが、人口甘味料独特の苦味もほぼ、感じずにクエン酸が入っているというお得な飲み物です。

基本的にクエン酸飲料水は高いのですが、こちらは安く、カロリーも低く、がぶ飲み可能とまではいきませんが、これまで比較してきた商品の中では筆者はとてもオススメです。

肉体労働をする方は、やはりカロリーを加えたアクエリアスが必須ですが、筆者はデスクワークなので、これを2倍に薄めて飲んでおります。

スポーツドリンク 比較03

 

■まとめ
ここまで紹介してきたスポーツドリンクで、やはり使い分けは重要だと思います。

念のため筆者は全て持っております。外出時はアクエリアス、自宅ではスカイウォーター風邪の時はポカリスウェットという使い分けです。全てそろえ様としても1コインでお釣りがかえってくる程度なので、一度購入してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ