低カロリーなジュースを簡単に作る方法 | クマノテ

低カロリーなジュースを簡単に作る方法

今回はフルーティな味わいを持つカロリー控えめなジュースの作り方を紹介したいと思います。

普段皆さんが自動販売機で飲んでいるジュースには恐ろしいほどの砂糖などが使われております。ついついおいしくて飲むスピードも速くなると思います。

実は、それは企業戦略であり、糖分を過剰に入れてしまうことでのどの渇きを早くするといった具合に体にとっては負の連鎖を起こしてしまいます。そういう事態に陥らないために今回はカロリー控えめなジュースを手っ取り早く作ってしまいましょう。

 

■準備する物
・クエン酸
・リンゴ酢
・カキ氷シロップ
・アセスルファムカリウム
・炭酸水

 

■早速作ってみましょう

さてさて、見慣れないケミカルなものを列挙しましたが、ドラッグストアや100円均一に行くと、意外に早く見つけられると思います。アセスルファムカリウムは砂糖の数百倍の甘さを持ちます。

また、独特の苦味を感じますが今回紹介する飲み物は気にならない程度の物なので、ガンガン使っていきましょう。まずは、炭酸水とカキ氷シロップを混ぜます。この時点では匂いのついた砂糖水のようなものです。

ここに、クエン酸、リンゴ酢を混ぜます。なぜ2種類の酸を混ぜるかというと深い酸味を持ちます。それぞれの酸味は違う性質があり、それぞれの性質を味わうことでフルーティーな感覚の味わいに近づけます。

 

ここで最終の仕上げです。甘みが足りない方は、アセスルファムカリウムをどんどん使いましょう。100円均一でノンカロリーの糖類として販売されております。体には吸収されなく、甘みをかなり持っているので惜しみなく使いましょう。

前述の独特の苦味ですが、酸によって大体は打ち消されるのでノンカロリーとして販売されているジュースよりははるかにおいしいです。

低カロリーなジュースを簡単に作る方法01

■作る際の注意点と工夫するポイント

カキ氷シロップは当然甘く、糖類もかなり含まれております。香料をわざわざ集めるのは面倒なので、あえてカキ氷シロップにしております。本当は香料が手に入れば良いのですが、コストを考えると高くついたりすることもあるのでディスカウントショップなどで購入することをオススメします。

また、さらにフルーティーな味わいを持たせたい場合は酒石酸というものがあります。
これを使うことでほぼ、市販のジュースもしくは、それ以上のものになります。味も豊富でになり使い方は無限に広がります。イチゴ味のソーダやブルーハワイのソーダなど個人的にとてもおいしかったです。

低カロリーなジュースを簡単に作る方法02

■飲む量について

これだけケミカルなものを使用してガンガン飲んでいいものかと躊躇してしまうかと思われます。

しかしながら、これ以上のケミカルで有害な成分が含まれている物が市場に出回っているのは残念な事実です。同じ量を飲むならば、こちらで紹介した記事のものを参考にし、ガンガン飲む方が健康的被害は圧倒的に少ないと筆者は考えます。

関連

スポーツドリンクを徹底比較【飲みすぎOK!】

クエン酸の使い方&注意点【知れば知るほどお得!】


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ