腰痛時に冷却・アイシングで痛み軽減!? | クマノテ

腰痛時に冷却・アイシングで痛み軽減!?

腰痛 冷却・アイシング

■はじめに

腰痛の方で迷うことのひとつで、腰痛に冷却するのが良いのか温めるほうがいいのか

どちらが良いのかということがあります。一般的には血行を良くして温めて軽く動かす良いと言われますがどちらが正しいのでしょうか。

 

■腰痛で冷却する場合

患部を冷やす時はどういった時でしょうか。一般的な考え方では急性期は冷却すると良いとのことです。

例えば、腰痛の直後。腰痛で動けない位の激痛が走る。スポーツなどで筋肉を急激にたくさん使ったりした時。筋肉が炎症を起こしていると考えて冷却します。冷却することで筋肉の腫れ、特に炎症を抑えるという考えからです。

 

■実際にアイシングする場合

腰痛の激痛などで冷却する場合、アイスパック・保冷剤のようなものを利用してアイシングするとやり易いと思います。

背中、腰の部分で手で押さえて冷やすのは手間がかかる感じがするので、コルセットなどがあればその間に挟むと座った姿勢でもアイシングすることができます。

または、仰向けになった状態で腰、背中の部分に保冷剤を挟んで安静にするといったもの良いと思います。

最近では発熱時に使用する冷却シートがあると思いますがこちらを使用することでも良いと思います。(小さいので貼る場合も難しいことがあるかもしれませんが)

 

■腰痛時の対処方法について

持病が腰痛の方で急に痛みがひどくなった時も同様に考えて冷却するのが良いと考えます。

まず痛みを伴う炎症を抑える目的で冷却を行います。それと同時に基本は安静にすることが大切です。痛みが強い時普段と違う痛みの時は冷却する事で痛みが緩和されます。

その後痛みが緩和する腰痛の対処方法も変わってきます。

痛みが強い場合は症状の確認や処置の為に一度専門の病院や整骨院など行くことをお勧めします。

 

■普段生活時でのアイシングについて

一般的に冷却する場合は急性期ということですが、普段の生活の場合でも、一日の終わりで腰を酷使したと感じる時はアイシングしながらひとまずゆっくり休息をとります。

なかなか普段の生活の中でアイシングする時間が無い事が現実ですが一度お試し下さい。(実際に時々行いますが特に支障は無い感じです。)アイシング後少し休んでから、普段通り動作を行います。

 

■まとめ

急な痛みや痛みが酷い時の腰痛に冷却を行い、普段の生活の中では腰痛の原因は血行不良などが挙げられる為温めて(温シップやお風呂など)そののちマッサージやストレッチを行うとことが血行不良改善と、筋肉をほぐす効果があがると考えられ腰さ痛の予防に良いとされています。

腰痛時の冷却は筋肉の炎症を抑えて痛みが緩和されるので酷い痛みが出た場合は早めに冷却して安静にするのか得策のようですね。

 

腰痛対策の一覧【まとめ★保存版】

寝返りが打ちやすく肩こりを改善できる枕


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ