腰痛のツボで痛みを予防【背中・手・足のつぼはココ!】 | クマノテ

腰痛のツボで痛みを予防【背中・手・足のつぼはココ!】

腰痛 ツボ

■はじめに

腰痛の原因のひとつで血行が悪くなって痛くなるといわれていますが、その血行を改善して、痛みを和らげるといわれているのが「ツボ」です。

腰痛のツボについては数多くありますが、代表的なものについてご紹介していきましょう。

 

■腰痛ツボについて

まず代表的な腰痛のツボです。背中にあるツボです。

1、腎兪(じんゆ)

背中の中心から左右指2本分外側のツボです。背中を中心として左右にあります。

2、志室(ししつ)

腎兪からさらに左右指2本分外側のツボです。背中を中心に左右にあります。

■マッサージ方法

親指でぐっとおさえる感じですが一般的ですが、仰向けに寝てゴルフボールを背中の下に置き体を乗せると自然に圧力がかかるので手軽にマッサージができますよ。

 

次に手の甲のツボです。

3、腰腿点(ようたいてん)

手の甲の人指し指と中指の間で人指し指の骨と中指の骨の合流点の所と手の甲の小指と指の間で、小指の骨と薬指の骨との合流点のところの2箇所です。

■マッサージ方法

親指と人指し指でこの2点をつまむ感じでマサージすると良いといわれます。

 

最後に足のツボです。

4、崑崙(こんろん)

足の外側のくるぶしとアキレスケ腱の中間。くるぶしの下のくぼみの所です。

5、照海(しょうかい)

足の内側のくるぶしの指1本分下の所です

■マッサージ方法

親指でゆっくりと押します。グーと3秒ぐらい押すのを5回から10回を目安にしてください。

 

■まずは1日1回やりやすい時間帯で

だいたい朝、昼、夜1日3回を目安にすると良いと思いますが、まずはやり易い時間帯1回からから始めてはいかがでしょうか。

同じ姿勢が続くことが腰に負担となるので、オススメとしては仕事のひと休みの時などに比較的やり易い手足のツボを押す事と簡単なストレッチをするが気分転換となって良いようですね。

また、背中のツボなどは夜寝る時に仰向けになった時に、ゴルフボールなどを体の下にはさんでボールを背中でグッと圧力をかけて刺激し、また背中でボールを回す感じでツボを刺激すると簡単にマッサージできますよ。

■まとめ

普段痛みが無い時で毎日の習慣のひとつとして自分で腰痛のツボのマッサージをすることで腰痛の症状を緩和して、また現状維持で保つことが大切でしょう。マッサージする時はあまり強くなりすぎないようにして下さいね。

普段からツボのマッサージやストレッチを効果的に取り入れることで腰痛のツボを刺激して血行をよくして日常生活で腰の負担を軽減してより快適に過ごせるように心がけたいものですね。

 

腰痛対策の一覧【まとめ★保存版】

首こりにおすすめの枕~選ぶポイントは?


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ