転職活動がうまくいくコツは? | クマノテ

転職活動がうまくいくコツは?

転職活動がうまくいくコツ
 

転職活動をうまく進めていくコツの口コミをご紹介していきます。

↓   ↓

■口コミ1

転職活動と言うと現在の仕事をしながら新たな就職先を探す訳で、勤務先にばれずに探し行動をするストレスと一次審査が通れども面接でアウト等のストレスで中々ゴールが見えずに異常なほどに疲れてしまう事が多くあります。

 

実際に私もそんな中の一人で、勤務中の休憩時間や帰宅後にハローワーク等の求人ウェブサイトなどで気になった所を見つけて応募しては書類審査で没、書類審査通ったと思ったら面接落ちとの繰り返しでしたが、積み重ねれば何とやらで昨年末に無事に転職に成功させる事が出来ました。

 

今思い出しても、転職活動中は早く転職したい気持ちと中々転職できない状況の葛藤続きで自分が凄く惨めな人間に思えて来た日もありましたが、とにかくウェブサイトや情報誌だけでは無く友人知人も巻き込んで有力な情報を探しました。

 

転職先が決まってからも、こっちの方が良かったかもしれないなんて新たな情報が入ってきてしまう事もありました。

しかし、今の勤務先に勤めて約半年が過ぎ友人も出来、たまに週末に飲み会に誘ってもらい二次会のスナックや帰り前のラーメン屋を奢って貰ったりと楽しい時間を満喫する事も出来、給与や休み等の待遇も以前の勤め先よりも随分良く快適になったので、そんなわがままな気持ちのもいつの間にかなくなっていました。

 

■口コミ2

転職活動において何よりも大事なのは効率とスピードです。

仕事を辞めてから新しい仕事を探す場合、特に正社員に関しては無職期間が長ければ長いほど採用率が低くなってくるのが現状です。

 

面接に行っても「以前の仕事をお辞めになられてから随分たっていますが、何をされていたのですか?」と聞かれることもあります。

そして無職の期間が長くなると探している本人も精神的にネガティブな方向へいく可能性や、積み重ねてきたキャリアも勘がにぶるという事がでてくるようです。

 

大体転職期間は3か月を目標に行うとスムーズに転職できるようです。

もし全くの未経験の仕事を考えているのであれば、仕事を辞める前に学校の手続きや必要な資格の取得等をしておく方が仕事を辞めた後スムーズに転職できます。

辞めてから資格を取得しようという考えではかなりの時間のロスになります。

 

また履歴書や履歴書に貼る写真、職務経歴書なども辞める前から準備しておきましょう。

近年はインターネットの発達により転職サイトのサービスがどんどんと良くなっています。辞めてから仕事を探すのではなく、辞める前から仕事を探す意識で空き時間を有効利用し次の仕事の道筋をある程度つけておきましょう。

関連⇒転職成功の秘訣~体験談も公開中!

 

■口コミ3

20代の後半で転職しましたが、転職エージェントを利用することで効率的に転職することができました。

転職するときは、退職しないで現在の仕事を続けながらコンサルタントの方と連絡を取り合う方が良いです。退職してからですと、すぐに就職したいと焦ってしまうので落ち着いて見つけることができません。半年ぐらいは覚悟して転職を考えた方がうまくいきます。

 

転職エージェントを利用されるとわかりますが、担当してくれる方は転職を経験したことがある人が多いです。十分なキャリアを積んでいるので、アドバイスも適格です。ただしかならずしも相性があるとは限らないので注意が必要です。

 

転職エージェントは市場で募集していない案件も独自にもっていることが多いので、大手だけでなく、ベンチャー企業や地方で活躍している企業も取り扱っています。どの企業も即戦力を求めているので、コンサルタントの人は企業からの依頼もあると思いますが、勧めてくることが多いです。

 

転職する人にもよりますが、安定した企業を好む方には向いていない場合もあります。その時には無理をしないで別の転職エージェントを利用した方がよいです。

 

転職活動では今まて経験したきた業務の棚卸や希望する会社の調査も大事ですが、なぜ転職したいか自問自答を繰り返して気持ちの整理を付けておいた方が、転職先でスムーズに溶け込むことができます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ