ロンドンでの新聞は無料!読書好きイギリス人の新聞文化 | クマノテ

ロンドンでの新聞は無料!読書好きイギリス人の新聞文化

日本では新聞はお金を払って配達してもらうサービスの一環ですが、ロンドンには数種類の無料配布の新聞が存在します。

勿論売店に行けば有料の新聞も売られていますが、そこら中に無料の新聞が置かれているのでロンドン市民は新聞はタダのものという認識が強いと思われます。

ロンドン 新聞 無料01

一番広く知られているのが「メトロ」と呼ばれる無料新聞で、これは各駅に置かれています。平日の朝早くに全ての駅に毎朝新しいメトロが配られ、通勤する人々はそれを手に取って電車に乗り込みます。

政治、国内・海外の事件、経済、エンターテイメント、スポーツ等の記事を幅広く掲載しているので、朝さらっと読むと世の中の出来事はだいたい網羅出来ます。

日本では電車の中でスマホを見ている人が多いですが、ロンドンの朝の電車では過半数くらいはこの新聞を読んでいます。ロンドンの地下鉄では携帯の電波が全く届かないのも新聞が根強く人気な理由の一つかもしれませんが。

ロンドン 新聞 無料02

そして、読み終えた新聞は電車を降りる時に席に起きっぱなしにする人が大半です。そして次にその席に座った人が前の人が置いて行った新聞を手に取り記事を読み始めます。これはなかなか日本ではない習慣ですね。

朝の電車には至る所に新聞が放置されておりあまりキレイな光景ではないですが、リサイクルと言う点では良いかもしれません…。また新聞を読み終わったタイミングで「失礼ですが、読み終わりました?」と話しかけられる事もあります。

ロンドン 新聞 無料03

元々イギリス人はアメリカ人やオーストラ人といった他の英語圏の人よりも読書好きが多いと言われており、活字を読む事に対しても抵抗が少ない傾向にあります。お金を払ってまでは新聞を読まないにしても、無料であれば一通りは目を通す人が多いのも、移民が多いロンドンでの英語の識字率の底上げにも役立っているのかもしれません。

 

ちなみに放置された新聞は午後ぐらいには電車内を清掃する人がゴミとともに回収されていきます。

新聞関連⇒内容充実電子版産経新聞 無料アプリ


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ