簡単に安く!名刺を自作する方法 | クマノテ

簡単に安く!名刺を自作する方法

今や家庭のプリンターやフリーソフトも充実してきており、個人で色々行うのもパソコン1つで出来るようになりました。

さて、今回は社会人やフリーランスに必要な名刺の作り方を紹介したいと思います。

 

■準備する物
・フォトショップやGIMP
・100円均一の名刺

以上です。

■実際に名刺を作ってみる
基本的にサイズは9.1cmx5.5cmです。今回はフォトショップで作成しておりますが、このような設定項目が大体あるので、それで問題ありません。解像度が低すぎても問題なので、これくらいに設定しておきましょう。

名刺を自作する方法01

シェイプツールや、色々なツールを駆使してみながら、作成していくと、このように完了です。今回の会社名は適当な物を当てはめたので、実在した他の会社だとしても、そちらとは関係ありません。

名刺を自作する方法02

■実際に印刷してみよう
印刷する方法は今回MP280のプリンターで紹介します。まずは、プリンターの設定が必要です。プリンターから出力されるサイズは通常、A4などの用紙になっておりますが、名刺の設定に変更します。

用紙の種類の設定も必要で、今回は適当すぎるものに設定しておりますが、名刺の説明をよく読んだ上で、設定を行ってください。また、標準印刷にしております。綺麗に印刷できない場合は、設定を綺麗にするか、設定自体が間違っていることがあります。用紙の種類を間違ってしまうと、印刷の色味自体がおかしくなってしまうので注意して下さい。

名刺を自作する方法03

名刺を自作する方法04

■印刷が面倒な場合
印刷が面倒な場合は、印刷会社に直接頼むのも手です。指定された方法のファイルを作ることが必要ですが、テンプレート自体を用意してくれている
場合があるので、そちらに上書きしてしまっても大丈夫です。

お値段も100枚で1000円程度と安い所も多いです。これだけプリンターが家庭に普及しているので、印刷会社も商売が成り立たないことも多く、潰れているのが現状であり、印刷会社も安くしないと生き残っていくことが難しい状況です。

 

■さらにお得な方法もある
海外に頼んでしまうとかなり安く済むことがあります。サイトで簡単に作れて、印刷してもらうのみで900円で、紙の質もかなりのものです。
これだけ安く済んでしまうとなんだか申し訳ない気分になります。
フォトショップも紙もいらないので、何もかも面倒だという方にはこの方法が一番オススメです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ