意外と知らない道路交通法の豆知識 | クマノテ

意外と知らない道路交通法の豆知識

意外と知らない道路交通法を今回紹介したいと思います。知らない間に違反してしまっている場合が多々あります。それで、点数を引かれてしまった方を沢山見たことがあるので、この機会に是非覚えておきましょう。

 

■横断歩道を渡っている人に向かってクラクションを鳴らした
横断歩道を渡っている人に向かってクラクションを鳴らすと、実は事故として成立してしまいます。相手が赤信号で渡っていて、警告の意味としてクラクションを鳴らしてしまい、相手が警察に届け出ると何らかの注意や捕まってしまう場合があります。ほとんどの場合はありませんが、お気をつけ下さい。

 

■線路のすぐ向こうに信号があった場合
線路の向こうに信号があった場合は、一時停止をしなくても大丈夫です。その信号に従う必要があります。電車が通り過ぎて棒が上がった時によく赤信号のまま進んでいる方をよく見かけますが、これで捕まってしまったパターンをよく見かけます。反射的に進んでしまう方も居るようですが安全の意味も含めてお気をつけ下さい。

 

■自転車の走り方
よく自転車の方で路側帯の内側を走っている方を見かけますが、あれは違反です。
外側を走る必要があります。原付と同じ要領で走っていると注意をされる可能性があるのでお気をつけ下さい。また、車が走っている方向と同じ方向を走って下さい。これで事故をしてしまった方を沢山見かけました。逆走はかなり危ないです。
意外と知らない道路交通法01

■40kmが制限速度の場合は何キロ出して良い?
基本的に誤差1割の速度は取り締まれないという法律があります。つまり、40kmが制限速度の道の場合は44kmは誤差の範囲として認められます。50kmの場合は、55kmまでは誤差の範囲として認められますが、安全運転を心がけてください。

 

■黄色の点滅の意味と赤の点滅の信号の意味
黄色の信号の点滅の場合は減速をして走ってくださいという意味です。制限速度を守っていたのに何故?と思う方は、このあたりに気をつけて下さい。また、赤色の信号の点滅の場合は、一時停止をする必要があります。原付の場合は、両足を地面につけて一時停止しないと、不十分と見なされ警察に捕まってしまう可能性があります。

 

■尾灯が切れ掛かっている場合
これは、注意で基本的に済みますが捕まってしまう場合が稀にあるようです。私の場合は注意で済みましたが、場合によっては整備不良として捕まえる警官の方も居るよと白バイの方から注意をされました。特に夜中などは危ないので、気をつけて下さい。
意外と知らない道路交通法02
■最後に
よくある例として列挙しましたが、他にも意外な落とし穴があります。挙げているとキリがありませんが、これらの項目を守っていると事故の確率や、警察に捕まる確率も減ります。意外と知らない方も多かったのではないでしょうか。基本的な事ですが、そこに落とし穴はあります。これらを意識するだけで、大丈夫です。お陰さまで私はゴールド免許です。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ