原付を掃除して綺麗にする方法&注意点 | クマノテ

原付を掃除して綺麗にする方法&注意点

原付の掃除は行っていますか?ちょっと汚れているとなんだか、恥ずかしいものです。

さっと水で洗い流しても中々汚れは取れません。そこで、原付をちょっと綺麗にさせる方法を紹介したいと思います。最後の方に書いてありますが、注意点を守ってください。

■準備する物

・要らないタオル2枚程
・色に応じたワックス
・中性洗剤
・バケツ
・スポンジ

原付掃除で準備する物

 

■いざ、洗車!
バケツに水を入れて豪快に原付にバサーっとまずはかけてしまいましょう。普段のストレスを発散する勢いでやってしまいましょう。そして、軽くスポンジで汚れを落とします。その後、バケツに水を注ぎ、中性洗剤を適当に希釈します。

それらをスポンジに含ませて、丁寧に掃除を行っていきます。ある程度掃除が完了すると、もう一度水をバサーっとかけて中性洗剤を含ませていないスポンジで、軽く車体を掃除します。これで下準備は完了です。そして、全体的に一度タオルで拭きます。ハンドルの周りは特に水が残りやすいです。

原付を洗車

 

■ワックスを塗ろう
完璧に拭ききったと思っても、実は厄介な事に原付のフロント部分のライトから水が落ちてきてしまいます。マフラーのように巻いてあげると、水が落ちてくる事を防げます。

そして、ワックスを塗りますが、丁寧に一方方向へ塗っていきます。この作業は丁寧に行ってください。ムラができてしまいますと、ちょっとかっこ悪い仕上がりになります。

私の場合は中古の原付なのでそのあたりは気にしませんが、新しい方は丁寧に行うことをオススメします。そして、ワックスが車体に馴染んできた頃に、綺麗にタオルで塗りこむように、綺麗にしていきます。これで原付の掃除は完了です。

原付ワックスのビフォア・アフター01

原付ワックスのビフォア・アフター02

 

■注意点
ワックスを塗る時は、足回りや足の置き場所に塗らないで下さい。原付に不調が出てきたり、乗っている際に足が滑ってしまう事があります。また、基本的にボディー部分以外には塗らないで下さい。その他のパーツが不調を起こしてしまう原因になってしまうので、そのあたりを気をつけると、必要以上に怖がる必要はありません。

 

■最後に
原付は日々のメンテナンスを行う事で、綺麗な車体は案外簡単に保てます。

現状、お仕事などの時間の関係でそんなことはやってられないという方が多いと思いますが、綺麗な原付を見ると思わず目が惹かれてしまいます。特に春先などに大学や専門学校へ通う方の原付での通学を見ていると微笑ましくなります。

 

落ちにくい汚れに! 二重構造でボディへのやさしさと洗浄性を追求。 とそうにやさしい、キメ細かく柔らかなウレタンスポンジ素材を採用し、細かな波形(プロファイル)加工を施した、塗装面がデリケートなコーティング施行車にも最適なスポンジです。 また、洗浄力を追加したゴム面はこびり付いた虫など落ちづらい汚れに効果的です。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ