スーパーフード!キヌアの茹で方と食べ方 | クマノテ

スーパーフード!キヌアの茹で方と食べ方

みなさん、キヌアという穀物を知っていますか?

キヌアはアンデスで古くから栽培されたきた穀物で、その栄養素の高さからスーパーフードとして欧米で大ブームを起こしている食材です。

モデルやアーティスト、アスリートにも好んで食べられているこのキヌア。栄養バランスがどんな食べ物よりも完全である、ということでNASAでも宇宙食として認められています。

 

キヌアは卵や牛乳と同じように必須アミノ酸のバランスが良い良質なタンパク質が含まれていて、カルシウム、鉄といったミネラルも豊富。

しかもビタミンや食物繊維も非常に多いのに、コレステロールはゼロ。

これだけの栄養を植物性の穀物から取れる、ということはスゴイことなのです!

キヌアの茹で方と食べ方01

こちらが、自然食品に並ぶキヌア。

キヌアの茹で方と食べ方02

ゴマくらいの小さな粒です。

キヌアの凄いところは、この小さな粒を炊くと水分を吸って膨らみ、食べると想像以上に満腹感が得られるということ。キヌアを食事に取り入れて、油分の多い肉料理を避ければ、ダイエットや美容に効果大!

キヌアの茹で方と食べ方03

こんな感じ。

雑穀のような手順で炊いていきます。

キヌアの茹で方と食べ方04

鍋にキヌアを入れ、

キヌアの茹で方と食べ方05

水を加えます。量はキヌアの倍量くらい。

キヌアの茹で方と食べ方06

クスクスのように、茹でてもOKです。わたしは後で玄米とあわせたいので、ふっくらと炊きます。

キヌアの茹で方と食べ方07

フタをして、火にかけ、沸騰したら、弱火にして15分タイマーをかけて炊きます。

キヌアの茹で方と食べ方08

はい、できあがり。

ごまのような小さな粒だったキヌアが水を吸って膨らみ、プチプチとした食感のある炊きあがりになります。ご飯やスープに加えたり、ごま感覚で野菜と和えたり、マフィンやパンケーキなどの焼き菓子の生地に加えても美味しいですよ!

プチプチ感がおいしくって、しかもヘルシー。私は、多めに茹でておいたキヌアを冷蔵庫で保存して、料理に使っています。

キヌアの茹で方と食べ方09

こちらは玄米とキヌアを合わせて、サラダごはん風に。ご飯の量は半分でキヌアを合わせれば、お腹は満足だけどカロリーは控えめ。なのに、栄養はしっかり取れるのです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ