ヘアカラーは将来の薄毛の原因に?正しいリスクを理解して髪のオシャレを | クマノテ

ヘアカラーは将来の薄毛の原因に?正しいリスクを理解して髪のオシャレを

街を歩くと、ヘアカラーをしていない人の方が少ないくらい、ヘアカラーは一般的なものですね。

若い人は明るめのカラーに染めたり、年齢が高い人は逆に白髪染めをしたり…多い人は数ヶ月に一度は美容院でヘアカラーのメンテナンスを行っているのではないでしょうか?

ヘアカラー 薄毛の原因01

ではヘアカラーの仕組みをご存知ですか?

元々の髪色を変える場合、髪の毛の色の元となるメラニン色素を分解し染料を髪の内側に入れる事で色を変えています。ヘアカラーをしても時間が経つにつれてカラーが抜けて行くのは、髪表面のキューティクルから染料が少しずつ抜けて行く為に発生します。

 

ヘアカラーは髪自体にもダメージを与えますが、カラーリング剤を頭皮に付けているので頭皮自体にも刺激を与えているのは事実です。美容師さんがカラーリングを行う時にはゴム手袋をしていますが、これは皮膚を守るためですね。

頭皮も顔の皮膚からつながっている皮膚の一部なので、ダメージを受けたり、毛穴が詰まったりすると、これは将来的な薄毛につながりかねません。

ヘアカラー 薄毛の原因02

では一番頭皮へダメージを与えないカラーリング方法は何でしょうか?

まず、市販のカラーリング剤を購入して自分で行うよりは、美容院で行った方がダメージは少なくすみます。市販のカラーリング剤は誰が行っても簡単にカラーリングが出来るように作られているので美容院で使用する物より成分が強めに調整されています。

また美容師さんはなるべく髪の毛だけにカラーリング剤を付け頭皮につかないように調整をしてくれますが、自分で行うとなかなかそこまではうまく出来ないですね。

 

そして、リタッチなどのメンテナンスを行うのは出来れば3ヶ月は期間をあけて行うようにしましょう。これよりも頻繁にカラーリングを行うと頭皮がダメージから回復する前にさらに頭皮に負担をかけてしまいます。あまりに一般的となったカラーリングですが、正しくリスクを理解した上で髪のオシャレを楽しみたいですね。

ヘアカラー 薄毛の原因03

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ