キレイなロングヘアを保つ方法【髪の絡まり解消が一番の近道!】 | クマノテ

キレイなロングヘアを保つ方法【髪の絡まり解消が一番の近道!】

髪を伸ばしていても、毛先が痛んでしまいなかなかロングヘアまで伸ばせない…そんな経験はありませんか?

髪が痛む原因は色々ありますが、一番の原因は髪の絡まりを無理矢理ブラシで梳かす事です。

絡まった髪の毛をキレイに見せる為にブラッシングをするのに、その方法を間違えてしまうと髪を傷めてしまうので要注意!

キレイなロングヘアを保つ01

普段何気なく使用しているブラシを確認してみましょう。ナイロン製のブラシは豚毛ブラシや木製ブラシの物と比べると静電気が発生しやすいと言われています。

またナイロン製のブラシで無理やり髪をとかすと枝毛や切れ毛の原因になります。髪が絡まっていときは、まずクシの目が粗いブラシで絡まりを解いてからブラッシングすると良いですね。

しかし、あまりにも髪の毛が絡まるようであれば、髪の乾かし方やシャンプーの仕方に問題がある可能性があります。

キレイなロングヘアを保つ02

まずシャンプーの方法ですが、シャンプーをする時は頭皮からマッサージをするように髪を洗うのがポイントです。この時にゴシゴシと髪を洗ってしまうと毛先同士が摩擦によって痛み、キューティクルが破壊されて髪が絡みやすくなってしまいます。

シャンプーをする前に軽くブラッシングをして絡まっていない状態で、頭皮に近い髪はマッサージをするように、毛先は優しく包み込むようにシャンプーをするようにしましょう。

 

ドライヤーで髪を乾かす時は、出来れば低温で髪の根元を乾かし、毛先は軽く乾かす程度にすると毛先が痛みにくくなります。時間がなくて熱風で髪を短期間で乾かしたいときは、ヘアオイルを毛先に揉み込むようにつけてからドライヤーを行う事で髪を乾燥から守る事が出来ます。

 

また、シャンプーの後、コンディショナーの前に使用する事で髪の絡まりを防止してくれるヘアセラムや乾いた状態の髪に使用するヘアオイル等、ヘアケア商品も多く販売されています。自分の髪質にあったケア用品を探してみて下さい。

キレイなロングヘアを保つ03

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ