ドイツに来たら買っておきたい!ナチュラルコスメブランド | クマノテ

ドイツに来たら買っておきたい!ナチュラルコスメブランド

ドイツと言えばナチュラルコスメ!日本からドイツに旅行に来たら買っておきたい物の一つが、ナチュラルコスメです。

 

まずは、ナチュラルコスメ代表のWELEDA(ヴェレダ)

ドイツ ナチュラルコスメブランド01

薬局やドラッグストア、定番シリーズならスーパーにも置いてあるほどのナチュラルコスメの定着っぷり。さすがドイツです。人気のザクロやワイルドローズシリーズも必ず全種類置いてあります。

お値段は日本で買う価格の半額~3分の1ほど。基礎化粧品だけでなく、ヘアケア、オーラルケア、ボディケアなどが豊富です。

ドイツ ナチュラルコスメブランド02

パッケージの表記がドイツ語なので、あらかじめ自分が欲しいものをWEBサイトなどでチェックしてから行くとスムーズです。薬局に行けば、WELLEDAのホメオパシークリームなども置いてあります。

ベルリンは大抵の場所で英語が通じるので、怪我や病気の症状を伝えて、それにあったWELLEDAのホメオパシーが欲しいと言えばOK。

 

もう一つ、どこのドラッグストアでも必ず買える定番ブランドがLavera(ラヴェーラ)

ドイツ ナチュラルコスメブランド03

LaveraはWELEDDAよりも若干お手頃価格で買う事ができるナチュラルコスメブランド。

オイルベースが多いWELEDDAに比べると、クリームや化粧水などオイルを使うのに抵抗がある方でも使いやすいラインナップが揃っています。歯磨き粉や全身に使えるクリームなんかはお土産にもおすすめ。

ドイツ ナチュラルコスメブランド04

ドイツ ナチュラルコスメブランド05

見逃してはいけないのが、各ドラッグショップがこぞって出しているオリジナルブランド。

オリジナルで価格は安いとはいえ、有名ブランドのナチュラルコスメ同様に天然素材を配合しているので、使用感は悪くありません。わたしは顔用には高めの有名ナチュラルコスメを使いますが、足や腕など体用にはこちらの低価格のドラッグストアオリジナルのシリーズを使います。

ドラッグストアはぱっと見ただけで「マツキヨ」的な雰囲気をだしているため、すぐにわかります。女性だったら、1時間くらいあっというまに時間がつぶれてしまう楽しいスポットです。

 

メイク関連

ブロンザーで健康的な小顔メイク

肌に優しいコスメ!ベアミネラル活用法


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ