ウェレダのホワイトバーチオイルでセルライト撃退! | クマノテ

ウェレダのホワイトバーチオイルでセルライト撃退!

夏ですね!

ノースリーブやキャミソール、ショートパンツやホットパンツで手足を出したけど、ヒザや肘、ふとももがなんとなくザラつく、足を出したいけどセルライト~が…、という方にヴェレダのホワイトーバーチオイルをご紹介します。

 

ウェレダはルドルフシュタイナーの提唱した人智学(アントロボゾフィー)の考え方から生まれたブランド。

日本では「ナチュラルコスメ」ブランドとして知られていますが、人智学をもとにホリスティックなアプローチで健康になるという考えから開発されている商品は、本場ドイツではコスメだけではありません。

飲み薬や塗り薬、といった商品が薬局で買うことができ、それらはすべて自然の恵みだけを使ったものなのです!

 

ホワイトバーチオイルのホワイトバーチとは白樺のこと。

厳しい自然の中で、大地から1日400リットルという大量の水をくみ上げる白樺。白樺の若葉は肌の引き締め効果の高いタンニンが含まれているので、キメの整った肌をつくってくれるのだそうです。

その他、同じく引き締め効果の高いローズマリー、ブッチャーブルーム、アプリコット、コムギ胚芽、ホホバオイルなどが肌のキメを整え、潤いとハリのある肌に導いてくれます。

 

美容雑誌や口コミサイトでも人気の高いホワイトバーチオイル。ドイツでももちろん大人気で、薬局やドラッグストアで購入することができます。

ウェレダ ホワイトバーチオイル01

日本のWELLEDAは英語表記ですが、ドイツ語ではBirken。

商品名を直訳すると「白樺・セルライト・オイル」頼もしいですね!

ウェレダ ホワイトバーチオイル02

手のひらにオイルを取り、ヒップ、ふともも、ふくらはぎにつけ、下から上に向けてマッサージしていきます。

手のひら全体を使って皮下脂肪をつかみ、揉むようにマッサージすることでセルライト撃退にも効果が!

 

オイルをそのまま使ってももちろんオッケーですが、わたしはほんの少し、オーガニックの化粧水を混ぜて使っています。多少の水分があったほうが、オイルが軽くなり乾燥の激しい部分に浸透していく気がするので。

それから、オイルの節約にもなります。

ウェレダ ホワイトバーチオイル03

わかりにくいですが、上の写真は手のひらにとったオイルに数滴の化粧水を加えています。

コレを両手で合わせて、足に伸ばし、マッサージをしていきます。

お風呂場において、濡れたからだにオイルをつけてマッサージをするという方も多いようですね。

 

ナチュラルオイルなので、即効性には欠けますが、続けることで自然で健康的なつるつるの肌に変わってきますよ!

ちなみに、ドイツで購入すると日本で買うよりも安くゲットできるので、ドイツ旅行の際、もしくはドイツ旅行に行く友達がいればお土産にお願いするといいかもしれません!

 

関連⇒アーモンドオイルの使い方【スキンケアから髪、爪、足までこれ1本!】


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ