日焼け後ケアの基本★日焼けしてしまった後はとにかく冷やす! | クマノテ

日焼け後ケアの基本★日焼けしてしまった後はとにかく冷やす!

梅雨の時期が終わると本格的な夏がやってきます。夏にはプール、バーベキュー、海など…野外でのイベントが盛りだくさんですね!

日差しが強い日だとたとえ日焼け対策を行っていてもうっかり日焼けをしてしまう事が多いですね。

では日焼けをしてしまった後はどのようなケアを心がけたら良いでしょうか?

日焼け後ケア01

日焼けは簡単に説明をすると軽度の火傷をした状態となります。

日焼けをしてしまった後はとにかく美白ケアをしないと…と思う人もいるかもしれませんが美白ケア化粧品には肌の新陳代謝を促進させたりする成分等が含まれている事が多く、日焼け直後のまだヒリヒリと感じる肌には刺激が強い場合があります。

日焼け後ケア02

日焼けをした当日からその後数日ヒリヒリ感が治まるまでの間はとにかく肌を冷やし沈静化してあげる事が大切です。

当日はまずは優しく洗顔を行う日焼け止め成分をキレイに取り除いてから冷たく冷やしたタオルでクールオフしてあげましょう。

 

その後はなるべくナチュラル成分の化粧水とクリームで肌を優しく保湿してあげる事が大切です。この段階ではまず肌を通常の状態に戻す事に集中し、最低限のケアをして肌をゆっくりと休めてあげます。

この時に保湿だけはしっかりしないと、その後乾燥して肌がめくれてしまう原因となるので化粧水だけでなくクリームも使用する事がポイントです。

日焼け後ケア03

通常の日焼けであれば数日経てばヒリヒリ感は治まりますので、その後から美白ケアを取り入れると良いですね。

また日焼けをした後、肌が落ち着いてしばらくしたら月に数回はナチュラル成分で出来たスクラブやゴマージュで軽く肌表面をケアし古くなった角質を優しく取り除いて肌のターンオーバーを促進してあげましょう。それによって美白成分が肌の奥まで浸透し易くなりますし、肌のごわごわ感も無くなります。

しかしこれらのケアはあくまでも日焼けの後の火照りやヒリヒリ感が無くなってから行いましょう。

 




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ