漫画・木の描き方の基本~絵が下手でもすぐに描ける!~ | クマノテ

漫画・木の描き方の基本~絵が下手でもすぐに描ける!~

木などの自然物がある背景は、漫画においてリアリティを出す重要なアイテムです。

“木”が絵の主体となることはあまりありませんが、木が上手く描けていると、とてもリアリティのある良い絵になります。



<木の描き方>

木の描き方にはいくつか種類があります。

 

①木全体を描く場合

木を、幹の部分と葉の部分に分けて考えます。

木の幹は、基本的には円柱型です。

ですから、円柱を意識して立体感を出せるよう、影をつけたり、線でタッチをのせたりしましょう。

漫画 木 描き方01

また、木の幹はとても凹凸が多いのですが、それを一つひとつ表現するのはとても困難です。

 

木が近くに、つまり画面の手前にある場合は、ある程度細かい表現が要求されますが、木が遠くに=画面の奥にある場合は、大まかな凹凸のみ描写しても良いでしょう。



葉を描く際には、葉をぶどうの房のイメージで描きます。

木の葉には、ぶどうの房がいくつもの球体で出来ているように、いくつもの葉の束で成り立つものが多くあります。

漫画 木 描き方02

ですからその一つひとつの葉の束を、立体感が出るよう陰影などを付けて表現しましょう。

 

木の葉は、数えきれないほど多くあり、一枚一枚を全て描くことは難しくなります。

よって、光が当たる部分では葉の描写を省略し、光の当たらない影の部分に葉を描きこみます。

漫画 木 描き方03

こうすることで、遠くにある木をそれらしく見せることが出来ます。

 

<②近くにある木を描く場合>

木が画面の手前にある場合は、細やかな描写が必要となります。

そのため、対象となる木をよく観察することが大切です。

 

木の材質に注目してみましょう。

・凹凸が多い

・表面が滑らか

・太い・細い

・真っ直ぐ・曲がっている

漫画 木 描き方04

漫画 木 描き方05

など、木の種類によって材質が異なります。

 



葉の形もまた、木の種類のよって変えていきましょう。

葉は同じ木でも、一枚一枚全て同じ形ではありません。

・照葉樹・落葉樹

・虫に食べられているかどうか

・日焼けしている・いない

・季節による変化

漫画 木 描き方06

などの要因による変化が見られます。

 

また、葉の付き方についても考えなければいけません。通常、木の葉は太い枝から伸びた細い枝の先に付いています。

このような細かな様子をしっかり観察し、表現することで、漫画の背景により良い効果をもたらします。

 

<ポイント>

木を描く時には、“ベタ”を思い切り付けると良いでしょう。

細かい表現を省略出来ますし、存在感も出せるので画面が締まって見えます。

 

また、自然物ですから、均一な太さの線よりも、ある程度強弱を付けた線を用いましょう。

 

<まとめ>

基本の木の描き方を紹介しました。

基本をマスターした後は、漫画の個性に合わせた木の表現方法を見つけていきましょう!

関連

漫画の水の描き方~3つの表現方法を伝授!

漫画の描き方に関する記事【まとめTOPページ】


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ