本当の自分を知り人生を楽に生きる3つの方法 | クマノテ

本当の自分を知り人生を楽に生きる3つの方法

楽に生きる方法

photo by Paul McCoubrie

生きる上で最も必要な事はなんだと思いますか?

お金や健康ですか?もちろんそれも大事でしょう。しかし、それよりも大事なものがあります。

それは「自分マニュアル」です。人生はどれだけ苦しく感じようが、価値のあるものだと感じようが、ゲームと同じですから、楽しんだ方が得です。

 

だらだらとつまらないロールプレイングゲームをやるよりも、エキサイティングで、ワクワクするような冒険劇の方が楽しいでしょう。しかし、わたしも含め、誰もが自分事になると、不安や恐怖に押しつぶされてしまい、自分が傷つかない方向へと進みます。

 

【自分マニュアルを作成する】

いわゆる自分マニュアルを作成して生きていくわけです。ただ、このマニュアルの作成方法は、コツがあり、作成方法を間違うと、非常に退屈な人生ゲームになってしまいます。

退屈で良いという人も中にはいますから、そこは自分の好きなようにすれば良いですが、最も心地よいと思える自分だけのマニュアルを作る事が、充実した人生を構築するために最も大事な事だと思います。

 

【思い込みから自由になる】

サーカスの象は、小さい頃から一本のロープで縛られていて、そのロープをちぎって外に出て行こうとはしないそうです。子供の頃はちぎれなかったから、大人になってもちぎれない、「切れないロープ」だと思い込んでしまっているわけです。

 

きれいごとではなく、自分の限界を決めるのは自分自身なので、思い込みや偏見は手放し、どんどんハードルを上げて行った方が良い結果を得られます。自分は、月収20万くらいしか稼ぐ能力がないと思い込んでいると、10万程度で終わってしまいます。

 

逆に思い込みを手放せ、いくらでも稼げると思っている人は、いくらでも稼げるようになるそうです。すべては思い込みなので、どうせなら夢が叶う方向に照準をあてた方が、夢が叶う可能性ははるかに高くなります。

 

【思い込みと直感を見誤らない】

決めつけや思い込みは自分を制限してしまうので、不要なのですが、経験から来る不快感に対しては素直になった方が良いです。この人苦手だな、これすごく嫌な感じがするな、この場所いたくないな・・・など自分が不快に感じる事は避けた方が良いです。

 

これは逃避ではなく、直感による自己防衛であり、時間が経てば出来なかった事も出来るようになったりする事も結構あるので、その時に出来ない事は宿題として、ひとまず放置して後でやれば良いだけです。

 

逃避か、自己防衛かの区別を間違わないようにしましょう。クマに出会ったらわたしは逃げますが、人間なら必要な場合は戦います。クマに勝てるわけがないというのは、思い込みというよりも直感です。これは、いろんな事を経験して自分の事を知っていけばわかってきます。

 

世の中には恋愛マニュアルや、就活マニュアル、お金を稼ぐマニュアルなど無数のマニュアルがあふれていますが、自分マニュアルは自分でやってみて自分にあっているかどうか判断し、作り出すしかありません。自分マニュアルを手に入れる事が出来れば、生きるのはかなり楽になります。

関連記事⇒ストレスを劇的に軽減させる5つの思考方法


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ