実践的なFX会社の選び方は?【FX会社のここを見る!】 | クマノテ

実践的なFX会社の選び方は?【FX会社のここを見る!】

実用向きのFX会社の特徴

FXを始めるためにはまずFX会社の口座を開設する必要があります。

ネットバンクや証券会社でもFX取引ができるところは確かにありますが、FX会社はFX取引に特化した様々なサービスを提供していますので、より実践的な投資、特にリアルタイムですぐに稼げるデイトレードがしたいという人はFX会社の口座で取引をした方が良いです。

 

FX会社といってもその種類は千差万別です。スワップポイントがどこよりも高い長期投資向けの会社がある一方で、自動売買に特化した会社、デイトレードが利用しやすい会社、スマートフォンでも取引ができる会社など、そのサービスの内容は会社によって実に異なります。

ちなみに、特にFXに興味はないけれど、とりあえず始めてみたいという人にはキャッシュバックが高額なところがオススメです。FX会社によっては口座を開設するだけで数万円以上の現金を受け取れる高額キャッシュバックがある会社もあるため、トレードをするよりもキャンペーンを受け取った方がかえって利益になるほどです。

 

キャンペーンも魅力的なFX会社ですが、より実践的なサービスを提供している会社を探しているのであれば、会社ごとに手数料を比較することをオススメします。デイトレードのような短期間で何十回も売買を繰り返すようなケースでは、手数料が低いところほど実践的で役立つ会社になるからです

FX会社の手数料といえば売買手数料があります。ただし、最近の大手はどこも売買手数料を無料にしていますので、比較するのならば売買手数料よりもスプレッド幅の方が参考になります。スプレッド幅が狭い業者ほど、低コストで取引ができる会社になります。

 

売買手数料やスプレッド以外にもFX取引の際に発生する手数料として、入出金があります。最近のFX取引はオンライントレードが主流なため、入金の際にはネットバンクを活用することが大半です。ネットバンクに入金をし、そこからさらにFX会社の口座にお金を送金することで初めて取引ができます。そして、そのような入出金をする際に手数料が発生します。

FXをするためには証拠金以上のお金を口座に入金しておく必要があります。取引が終了して利益を稼いだら、余計な損失を防ぐためにも今度は不要なお金を出金しておき、FXの口座には極力必要以上にお金を残さないようにしておいた方が無難です。

 

リスク管理を徹底するとどうしても頻繁に入出金を繰り返してしまいます。そのたびに手数料が発生すると、どうしてもコストが高くなってしまうので、実践的なFX会社を選ぶのであれば入出金の手数料が無料の会社がオススメです。

入出金手数料が無料の会社といえばGMOクリック証券DMM.com証券、YJFX、外為ジャパンFXなどがあります。これらの会社はクイック入金サービスの手数料も無料になりますので、ただコストが安いだけではありません。いざというときにも迅速に対応できるだけの柔軟さがありますので、実践的な口座を求めている人にオススメです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ