マネックス証券のMT4【経済指標に強い便利ツール!】 | クマノテ

マネックス証券のMT4【経済指標に強い便利ツール!】

マネックス証券のMT4

FXといえばパソコンの画面を通じて取引をする、いわゆるオンライントレードが有名です。パソコンの画面上に取引画面を出現させ、ローソク足やチャートの動きを見ながらクリック一つで取引をするオンライントレードの姿こそ今の時代のFXトレーダーの代表的な姿になります。

 

メタトレーダーとは、高機能なFXチャートソフトのことであり、世界中で利用されるほどの人気と、高性能で多機能なサービスが特徴です。最近では日本のFX会社でもメタトレーダーを採用するところが増えており、徐々に認知度が高くなっています。

 

メタトレーダーの機能は基本的にどの会社も同じになります。利用にあたって費用も発生しませんので、メタトレーダーを利用したい人はただ口座を開設するだけですぐにメタトレーダーを使用しての取引ができます。ただし、同じメタトレーダーであってもマネックス証券のMT4は他にはない独自の役立つサービスがあります。

マネックス証券のMT4公式:http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G1600/mt4/index.htm

 

マネックス証券のサービスの一つ、『指標でGO!』を利用すると、重要な経済指標にも柔軟に対処できるようになります。
FXの為替相場は重要な経済指標が発表される前後に大きく変動します。

予想通りに動けば大きな利益を獲得できるチャンスになりますが、そうでなければ大損してしまうなど、経済指標に介在するリスクは非常に大きいです。そのため、初心者のトレーダーは経済指標は最初は避けた方がよく、マネックス証券の時間指定くんを利用すればそれを難なく実行できます。

 

時間指定くんを利用すると、イベント発表前にポジションを決済することができます。例えば失業率の発表が21時30分に行われるのであれば、その10分前に時間指定くんを設定しておけば、失業率の大波に飲み込まれる前に勝ち逃げすることができます。

これ以外にも、マネックス証券には追随くんと呼ばれるサービスがあります。追随くんを利用すると、経済指標発表後のトレンドにあわせて新規注文の予約ができます。

例えば失業率が発表された10分後の値が、発表前に設定した値よりも上に行ったら買い、反対に設定値よりも下にいったら売りの注文をするように設定しておくことで、経済指標の結果に関係なくその後のトレンドに上手に乗れます。

 

重要な経済指標になると、その後の相場に大きな影響を与えます。今まで上昇トレンドが続いていたにも関わらず、経済指標や要人の発言により急遽下降トレンドが発生するということも為替相場ではよくあることです。もちろん、経済指標が後押しする形でさらに上昇の勢いに拍車がかかることもあります。

マネックス証券のMT4のツールを使用すれば、このような重要な経済指標に惑わされず、セミオートで注文を繰り返すことができるので、突発的な事態にも適切に対処できるのです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ