1度で2度お得なFXのOCO注文の活用方法【初心者でも簡単!】 | クマノテ

1度で2度お得なFXのOCO注文の活用方法【初心者でも簡単!】

FXのOCO注文の活用方法

FXで利益を増やすためにはどのタイミングでエントリーをするか、いわゆる入口の戦略だけでなく、どのタイミングで決済注文を出すのかといった出口戦略も重要になります。

 

上級者のトレーダーになりますと、一回の注文に対してここまで利益が出たら利食い、反対にここまで損失が出たら損切りをするといった具合に明確なルールを事前に設定します。ルールを事前に決めておくことで、いざ相場が動いたとしても慌てることなく最初に決めておいたルール通りに注文を出すだけになりますので、慌てることなく着実にトレードができます。

言葉だけなら簡単にできそうな出口戦略ですが、実際のトレードになりますと本来であればロスカットしなければいけないタイミングなのに感情が邪魔をして決済ができなかったり、反対に利益が出た途端にすぐに利食いをしてしまうといった損小利大ならぬ損大利小といった結果が頻繁に起こります。

 

このような失敗はメンタルの弱さが原因で発生します。もちろん、大金がかかっているのですから、誰だってナーバスなって当然ですので、メンタルが弱いことを卑下する必要はありません。

メンタルの弱さは克服できます。最初こそ難しかった取引も、徐々にトレードに慣れることでだんだん感情を抑えられるようになり、冷静に取引ができるようになります。ただし、最初からそのような取引をするのは難しいので、今回は初心者でも簡単にできるOCO注文を紹介します。

OCO注文の最大の特徴は一度に二つの注文を同時に出せる点にあります。指値か逆指値に関係なく、一度に二つまで注文を出せるOCO注文を活用することで、より堅実に利益を確定させることができます。

 

例えば上昇トレンドが発生している最中で、1ドル100円のときに買いポジションを保有したとします。その後、順調に円安が進み、1ドル101円になると1円分の為替差益を得ていることになります。

ここで決済をしても利益は出るのですが、まだ上昇トレンドが続きそうな場合、決済せずに放置をすればさらに大きな利益を狙うことができます。もちろん、そのような予想が外れて上昇トレンドが終了し、急に下落する恐れもあります。このような場面においてOCO注文を活用することで、堅実に利益を狙うことができるのです。

 

例えばOCO注文として1ドル102円になったら決済をするという注文と、1ドル100.5円になったら決済をするという注文を同時に出すことで、確実に0.5円分の為替差益を確保できます。もちろん、相場が予想通りに上昇すれば、1ドル102円になったときに今度は自動的に決済のための売り注文が行われますので、2円分の為替差益を獲得することができます。

上がれば2円分の利益、下がっても0.5円分の利益が発生しますので、どちらに転んでも利益になります。
人は感情的になってしまうとつい判断が遅れてしまい、本当は既に上昇トレンドが終了し、下落トレンドが始まっているにも関わらずなかなか決済できなくなってしまいやすいです。

 

最初こそ小さな損失であったとしても決済をせずにズルズルと放置し続けるとますます損失が拡大していき、二度と取り戻せないような巨額の赤字を抱えることになります。

OCO注文はそのような最悪の事態を防ぎつつ、堅実に利益を狙える優れた注文方法になります。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ