FX初心者に陥りやすい!ポジポジ病の原因と対策 | クマノテ

FX初心者に陥りやすい!ポジポジ病の原因と対策

ポジポジ病の原因と対策

FXを始める理由といえばやはりお金になります。確かにFXはハイリスクな投資ですが、少額から資産運用を始められることに加えて、成功すれば巨万の富を短時間で獲得できるなど、リスク以上に大きなリターンが期待できる、とても魅力的な投資になります。

そのような魅力に惹かれてFXの勉強をし、いざ取引を始めるトレーダーも多くいるのでしょうが、どれほど事前に勉強をしたとしても最初は初心者から始まります。

 

上級者と初心者との間には圧倒的なキャリアと経験、そして知識などに差異があります。上級者であればまずやらないような失敗も、初心者ならば簡単にやってしまうのです。

もちろん、上級者と呼ばれるトレーダーも最初は初心者でした。数多くの経験を積むことで今のような稼げるトレーダーになったのでしょうが、そこに至るまで多くの犠牲を払ってきたことは言うまでもありません。

 

これからFXを始めるにあたり、確かにトレードで失敗をすることはあるのでしょうが、その中には事前に防ぐことができる失敗もあります。ポジポジ病はFX初心者がよくかかる失敗の一つであり、対策をたてることで簡単に防ぐことができます。そのため、これからFXを始める人は一度このポジポジ病とはどのような病なのか理解しておくことをオススメします。

 

ポジポジ病とは、常にポジションをもっていたいという衝動にかられてしまう病気です。FXは大金がからんでいるため、どうしても今すぐお金を稼ぎたいという焦りから、特にエントリーのチャンスも出ていないのに大量に新規注文を出してしまい、無駄にポジションを保有しておこうとする人がいます。

このような根拠のないポジション保有はたいてい失敗を招きます。小さな損失であれば挽回できますが、これが後々大きな損失を招いたりしますと、ただ損失を抱えるだけでなく、最悪なケースとして財産を失ってしまう恐れもあります。

 

ポジポジ病の有効な対策は、一言でいえば常に頭を冷やし、理性的であり続けることです。ポジポジ病はどうしてもすぐに稼ぎたいという焦りから生じてしまう病です。特に、既に何回かトレードをして損失を抱えている人ほどポジポジ病に罹りやすいです。このような損失を出してしまった人は、次のトレードで損失を挽回しようと考え、さらに根拠のないポジションの保有を繰り返し、結果的に巨額の損失を招くことが大半です。

 

常に冷静に取引をすることで感情に流されず、自分の取引ルールにのっとってFXで資産運用を始められます。ただし、わかっていてもついポジションを大量に保有してしまうという人には、対策として取引数量を減らすことを提案します。

1万通貨で取引をすると、ポジポジ病が発症するたびに大きな損失を被るリスクが存在します。しかし、1000通貨や100通貨など、取引数量を減らしてFXをすることで、ポジポジ病が発症しても損失の拡大を未然に防ぐことができるのです。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ