初心者でもできるFXでリスクをコントロールするための3つのコツ | クマノテ

初心者でもできるFXでリスクをコントロールするための3つのコツ

初心者 FXリスクをコントロール

上級者ならばまずやらないような失敗も、知識も経験もない初心者ならばやってしまってもおかしくありません。

FXは普通の投資と違ってたった一回の失敗で大損するリスクがあります。上級者でも避けられないような失敗ならともかく、簡単なコツをおさえておけば回避できる小さい失敗は避けたいものです。

そこで今回は、初心者トレーダーがやっておきたい3つのリスクコントロールのコツを紹介します。

 

稼ぐためにやっておきたいポイントの一つ目は、口座にいくらお金をいれるか、預入資金の額の調整です。
FXでポジションを保有すると、口座にあるお金は常にリスクにさらされます。FXで取引をするためには証拠金が必要になり、為替が動いた結果損失が発生すれば、それを補填するために口座に預け入れた資金で埋め合わせをします。1万円の損失が発生すれば証拠金とは別に口座にいれてある資金も減るということです。

 

これを防ぐためには必要以上に資金を口座にいれず、利益が発生したらすぐに取引口座から出金し、減らしておくなどの資金管理が必要になります。しかし、口座にお金が少なすぎるとちょっとした変動ですぐに証拠金が割れてしまい、強制ロスカットされてしまう恐れがあります。そのため、口座にいれるお金は証拠金の3倍程度にしておくことをオススメします。

例えば証拠金が5万円ならば、口座にいれておくお金は15万円ほどが理想になります。15万円あればたとえ数万円の損失が発生してもすぐに強制ロスカット、ポジションを自動的に決済されるといった心配をせずに済みます。

 

ポイント2つめ:口座にお金を入金したら、次はできるだけ少額ずつ取引をすると良いです。たとえ100万円口座に入金したとしても全額証拠金にあてるということはやらず、まずは1万通貨ずつから取引をすると良いです。

経験豊富なトレーダーであってもときには失敗します。それが初心者ならば尚更です。失敗しても損失が小さければ問題ありませんが、一度でも大損してしまえば取り戻すのは大変です。少額ずつ取引をすることは財産を守るための防衛策になります。

 

資産の防衛策を学んだら、次はどのように利益を確定させるかが問題になります。3つ目のコツは、利益確定の順番になります。例えば現在、買いポジションを3つ保有しているとした場合、利益を確定させるのならばもっとも価格が高いものからになります。

例えば1ドル100円のポジションと101円のポジション、102円のポジションの3つがあるのならば、102円から先に決済をした方が良いです。価格が低いものは為替差益が大きいため、突然の急落などでも利益を失いませんが、価格が高い方は為替差益が小さいため、先に利益を確定させておかないと突然の急落などですぐに利益がなくなってしまいます。

 

これらの3つのコツをおさえておくことで、初心者であってもリスクをコントロールしながら資産運用を始められます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ