イフダン取引で初心者でも簡単に利食いと損切り | クマノテ

イフダン取引で初心者でも簡単に利食いと損切り

イフダン取引 利食い 損切り

FXで利益を出すためには安く買って高く売る、もしくは高く売って安く買うかのどちらかを実現させなければいけません。
新規注文に対して利益が生じれば利食い、損失が生じれば損切りをすることになりますので、トレーダーは常に損小利大を目指して取引をすることになります。

よくFXの世界では新規注文のような入口の戦略を重要視する傾向がありますが、利食いや損切りなどの出口戦略はそれ以上に重要なものになります。

 

いくら上昇トレンドが発生している最中であったとしても、高いときに買ってはほとんど利益は発生しませんし、それは下降トレンドのときも同様です。
特に相場が同じ価格帯をいったりきたりを繰り返すような場面では、どこが底値になるのかを見極めることが、利益を最大化させるためのコツになります。

例えば、米ドル円の取引で、1ドルに対して円の相場が100円から101円を上下にいったりきたりしているようなケースでは、できるだけ100円の付近でロングの注文を出すのが望ましいです。
100円付近で買いポジションを保有することで、最大で100pipsまで利益を高めることができるからです。反対に、101円付近でロングで注文をすれば、高い確率で損失を招く恐れがあります。

 

このようにシミュレーションをたてるだけなら誰でもできます。しかし、いざ取引の場面になるとエントリーのタイミングはなかなかやって来ず、いざやってきてもすぐに相場が動いてしまうため、瞬く間に消えてしまうことがほとんどです。

加えて、普段は仕事などの予定があるためなかなか取引に参加できないような兼業トレーダーの場合、24時間チャート画面を見ることはまず不可能になります。

 

イフダン取引は、このようなときに非常に役に立つ取引の一つです。イフダンはif Doneと書き、取引画面ではIFDと表記されます。
イフダン取引とは、もしもこの取引が成立したら次はこのような注文を出すといった、二手先までの注文を事前に出す取引のことです。

例えば先ほどの米ドル円の取引ならば、1ドル100円になったら買い注文をし、その取引が成立したら今度は1ドル101円になったときに決済の注文を出すといった取引の予約を事前に決めることができます。

イフダン注文を出した後、相場が変動して1ドル100円になったら自動的に買い注文がなされます。注文が成立すると、買いポジションを保有することになります。そして、相場が今度は急転換し、1ドル101円まで上昇すると、今度は決済の注文が自動的になされますので、イフダン取引が成功すれば100pipsの利益を獲得できます。

 

あらかじめこのような一次注文、二次注文を決めておくことで、ボックス相場が発生しているときやトレンドの予測が容易なときに役立ちます。
イフダン取引は利食いだけでなく、損切りの場面でも役に立ちます。例えば、1ドル100円で買い注文をしたものの、そのまま下落が続いたら損失が発生してしまうため、1ドル99.8円まで下落したら損切りの注文をするといった二次注文を予約することができます。

こうすることで損失の拡大を的確に防げるようになります。もちろん、損失が発生せず、予想通りに利益が発生したら、好きなタイミングで決済の注文をすることで利食いに成功します。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ