イースターが日本でも浸透!?【イースターエッグ&イースターバニーって何?】 | クマノテ

イースターが日本でも浸透!?【イースターエッグ&イースターバニーって何?】

【ハッピー】イースターが日本でも浸透してきている!?【復活祭】

イースター01

イースターはイエス・キリストの復活を祝い、記念する日であり、復活祭と呼ばれています。
日本ではまだあまりなじみのないイースターですが、ハロウィンのように浸透する日も近いとされています。

日本を代表するテーマパークである東京ディズニーランドや大阪にあるユニバーサルスタジオジャパンでは毎年のようにイースターのイベント期間があり盛り上がりを見せています。

 

イースターとは

キリスト教の教えでは、イエス・キリストは金曜日の昼頃に十字架の上で6時間にわたる苦しみを味わった後に息を引き取られたとされています。
翌日の土曜日にご遺体はユダヤ人議会の議員の私有墓地に収められました。
しかし、それから3日目にお墓を見るとその中は空っぽになっており、キリストは死を打ち破り復活したといわれています。

その復活の日を祝ってイースターが開催されます。

 

イースターの時期はいつ?

イースターの日付は毎年変わります。
春分後の最初の満月から数えて最初の月曜日がイースターを定められていますので、毎年儀明な日にちの変化があります。
具体的には3月22日から4月25日の間に行われます。

 

イースターエッグ

イースター02

イースターエッグが日本のイースターの火付け役といっても過言ではないでしょう。
イースターにはイースターエッグというものが登場します。

色とりどりのタマゴを隠してそれを探すイースターエッグハントが行われます。
子どもたちを中心にたくさんの人が楽しくイースターエッグを探します。

ひよこが卵の殻を破って出てくるのと同じくしてキリストも死という殻を破ったという考えから、新しい命を持つとされるタマゴが復活のシンボルといわれています。

そこでカラフルにペイントしたタマゴがイースターエッグとして登場し、劃してそのタマゴを見つける遊びや、タマゴの殻を割らないようにして転がるエッグロールという遊びが行われます。

 

イースターバニー

イースター03

イースターにはうさぎの耳を付けて楽しみながら祝う習慣があります。
これはイースターの日にタマゴを探している子供たちがウサギのタマゴと勘違いしたことが由来となっています。

それからイースターバニーの耳を付けてタマゴを探す風習が根付いたとされています。
クリスマスやハロウィンのようにこれから先日本でもイースターは楽しまれるイベントになるかもしれませんね。
まずはテーマパークなどで楽しんでみてください。

 

関連記事⇒いまさら聞けないけど「イースター」って何の日?


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ