空調設備の無いロンドンの地下鉄は暑い!対処法は? | クマノテ

空調設備の無いロンドンの地下鉄は暑い!対処法は?

夏の平均気温が約25度と言われているロンドンですが、去年に引き続き今年も30度を超える日がやってきました。

元々夏でも30度を超える日が数日しかないロンドンでは基本的に全ての電車やバスには空調がついていません。またラインによっては設備が古い電車もある為、30度を超えるとかなりの暑さです。

ロンドン 地下鉄 暑い01

老若男女の観光客が絶えないロンドン、そんなに暑い公共交通機関だと乗車客のなかには熱中症なので倒れる人がいるのではないかと人ごとながら心配になりましたが…一応ロンドン市もその対策を行っています。

その対策と言うのが、一つ目が構内放送で水をたくさん飲むように呼びかける。二つ目に社内のポスターで電車に乗る前に水を買いましたか?と問いかける、というなかなかワイルドなものです。

 

夏でも25度を超える日が来ると街中では観光客に向けて水を販売する人が現れますし、ヨーロッパの観光客は2リットルのペットボトルを持ち歩いて観光をしている家族も見られます。

ロンドン 地下鉄 暑い02

ロンドン程の都会であっても日本のように喉が渇いたら自動販売機やコンビニでササッと飲み物が買える国ではないので、夏に観光に来て暑いと感じる日があればまずはスーパーに言って水を一本購入してから観光に出かけましょう。

街中で観光客に売っているボトルは基本的にスーパーの価格の4倍くらい上乗せされているので必要最低限の時だけ買いましょう。

ロンドン 地下鉄 暑い03

イギリスは日本と違って地震が無いと言う事もあり、基本的に街中の建造物や家は昔たてられてそのまま使用され続けているものが多いですが、地下鉄やバスも例外ではありません。

実際に30度を超える日が何日も続く事は無く、電車に乗る時だけの我慢ではありますが、税金も結構高い国ではあるので、温暖化が進むのであればそろそろ地下鉄に空調を入れる事を検討して欲しい夏の一日です。

水の飲み方の注意点【軟水と硬水編】

スパークリングウォーターの美容効果


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ