マイクロファイバーのタオルの使い方は?~口コミはこちら

マイクロファイバー 使い方

マイクロファイバーのタオルのおすすめの使い方は?(口コミ10件)

↓   ↓

■口コミ1

マイクロファイバータオルは柔らかくて吸水力が抜群なので、子どもたちが何かを食べたり飲んだりする時には必ず側に置いています。

コップから飲み物をこぼすことなんかがしょっちゅうあるので欠かせません。溢れた液体をしっかり吸い込んでくれ、被害を最小限に抑えてくれます。

 

また、お風呂上がりにも使用しています。

肌触りも柔らかくて気持ちがよく、すぐに水分を吸い込んでくれるので普通のタオルとマイクロファイバータオルがあったらマイクロファイバータオルの奪い合いになります。

 

足拭きマットにも使用しています。前の人が上がった後でも普通のマットに比べて濡れている感じが無く快適です。

他に手洗い場にも置いています。手を拭いた後にすぐに乾くので普通のタオルに比べて衛生的だと思います。

 

■口コミ2

基本的に普通のタオルとの違いはふわふわ感がないことそして肌触りが良いことです。そして、身体の汗や顔を洗った際に水分を拭き取る時には擦らずにポンポンと当ててあげることで水分を十分に吸収してくれます。

ここにマイクロファイバータオルを使う理由があります。

 

まず、ヒゲが生えている人が一般的なタオルで顔を拭くと物にもよりますがヒゲが繊維に引っかかりタオルの毛がヒゲにくっついたりタオルを痛めたりします。

ですがマイクロファイバーですと擦らずに水気を取れるのでその心配がありません。仮に擦ったとしてもヒゲが引っかかるだけで繊維がくっついたりなんてことも起きません。

 

ですので上述の通りマイクロファイバータオルは洗顔時に使用しています。他には肌荒れがひどくタオルで擦れない時などにも使用します。

 

■口コミ3

マイクロファイバーのタオルはサイズ違いで何枚か所有しています。

一番最初に購入して今も使用しているのはハンカチサイズの眼鏡拭きです。メガネクリーナーと一緒に使うと非常にキレイになり気に入っております。

 

あとは手の汚れなどがDVDの印刷面に付いてしまうので、同じサイズの物を使って拭いております。

あとは大きめのサイズにはなりますが、バスタオルとしても使用しております。吸水性に優れており肌触りも良く感じます。それとタオルが濡れてしまっても渇きが早いです。

 

私はバスタオルを一回の使用毎には洗濯せず、何回か使用してから洗濯するので、タオルが濡れてしまっても干して置けば渇きが早いのは非常に助かります。

使い方によっては他にも便利な部分がありそうな感じがしますね。

 

■口コミ4

マイクロファイバー素材のタオルの長所は大きく分けて2つあります。

まず、吸水性の良さです。手を洗うときや風呂上がり等、身体が濡れている時に拭いてみるとよく分かりますが、タオルを当てた部分の水分がスッと消えます。一般的なタオルのように、水分を広げながら拭き取るような感覚がありません。素早く拭きあげたい方には最適だと思います。

 

2つ目の長所は、乾きやすさです。

寒い時期や湿度の高い時期など、大判のタオルは乾くのに時間がかかり、うまく乾かなかった日などは生乾き臭に苦しむことがあるかと思います。

その点、マイクロファイバー素材のタオルは、乾くのが早いため、普通に脱水をして部屋干ししておくだけでも、半日から1日でカラカラに乾いてしまいます。

なお、干す際に端を持って何回かバッと広げておくと、乾いた時にフワッとして気持ちよく使えます。

 

■口コミ5

マイクロファイバーのタオルは、特に洗剤を使わなくてもどこでもピカピカにすることができるので重宝しています。

例えば調理をしたときなどコンロの周りに油が飛び散るのですが調理後に、マイクロファイバータオルを水で濡らして、よくしぼっておいたものでさっと一拭きすれば油のベトベトが瞬時になくなります。

 

キッチン周り全般にも使えますし、柔らかいタオルなので冷蔵庫や食器棚などから、テレビ、ガラス拭き、サッシの汚れ落としなどどんどん使えます。

デリケートな家具でも表面を傷つける心配なく、ほとんどのものに安心して使えます。洗剤なしでここまで汚れが綺麗に落ちるので、最近はあまり家庭用洗剤を使わなくなりました。

一枚あたり60円程度なので、ボロボロになるまで使って使い捨てできてコスパも良いです。

 


⇒レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

 

■口コミ6

マイクロファイバーのタオルが凄く人気ですから、うちも早速買って使っています。

一番役に立っているのは、お風呂上りですね。

髪の毛がロングなもので、普通のタオルではすぐにベチャベチャになってしまいます。マイクロファイバーのタオルだとすっと吸ってくれて乾いてくれるので、髪の毛を乾かすスピードがものすごく短縮できました。

 

また、マイクロファイバーのタオルは台所のタオルとしても便利です。

こんな時期ですから食中毒などになってはいけないので頻繁に手を洗っているせいか普通のタオルでは何度変えてもベタベタでふくのが気持ち悪い感じになりますが、マイクロファイバーのタオルですといつも乾燥してくれているので助かりますね。気に入っています。

 

■口コミ7

マイクロファイバータオルのおすすめの使い方です。

マイクロファイバータオルの3分の1を濡らしてから絞り、濡れた部分が中心に来るように三つ折りにします。

 

これで拭けば、水に弱いテレビやレコーダーなどの家電製品や、木製のテーブルやタンスなどを安心して拭くことができます。テレビの画面を拭いても大丈夫です。

しかも普通の濡れぶきんで拭くのと違って、拭いた後にカラぶきをする必要がないので楽ちんです。程よい水分量なので、拭いた後も水滴の跡が残りません。

ただでさえマイクロファイバータオルは毛羽立ちづらいし、ホコリもつきづらくて便利です。

 

この使い方をすれば、ますます便利に活用できると思います。ぜひ試して欲しいです。

 

■口コミ8

マイクロファイバータオルには非常に高い吸水性と保温性のあるので、私は生活の色々な場所で使用しています。

マイクロファイバー自体は前途の通り非常に使い勝手がよいタイルですが、欠点として菌が繁殖しやすく若干ほころびやすいというデメリットもあるので、私はある程度タオルとして利用したら雑巾にして掃除する時に使うようにしています。

 

つい先日も年末大掃除で大活躍してくれました。

というのも繊維が細いため非常に汚れが落ちやすいんです。

わかりやすいところでいうなら、通常壁などについたタバコのヤニはなかなか落ちなくて、専用の洗剤などを使ってゴシゴシ擦らなければならないのですが、マイクロファイバータオルだとあまり力を入れずとも落とすことができます。

もちろん、その他の通常の掃除時でもホコリを取りやすいので使い勝手も抜群です。

 

■口コミ9

洗い物が多く出ないので、食器は手拭きで仕上げるのですが、マイクロファイバーの布巾が非常に役立っています。普通の布巾だと何度か拭き取ってようやく完全に水気がなくなりますが、マイクロファイバーのものなら一拭きでOK。水の跡も残りません。

 

マイクロファイバーのタオルは掃除の時に重宝しています。

床の水拭きも必要以上に濡れてべちゃべちゃにならないし、シンクや洗面所の水垢もスッキリ拭き取れます。置物に積もるホコリも固く水を絞ったマイクロファイバータオルで拭けばスッキリです。一番おすすめなのは窓の掃除です。

水に濡らした普通のタオルで全体に汚れを落とした後、マイクロファイバーのタオルで拭き取れば水の跡が残らずピカピカの窓になります。

 

■口コミ10

マイクロファイバーのタオルの用途はさまざまです。このタオルの特徴としては吸水力が抜群なのでキッチンでは大活躍します。

例えばキッチンのシンク周りの水のハネを拭いたりする時も、さっと一拭きでOKですし、ガス台の汚れ落としにもぴったりです。油汚れ用の洗剤不要で油汚れも気持ち良いぐらいに落とせます。

かなりひどい油の汚れでベタベタになっている時には、少量の水をつけてからゴシゴシこするだけで驚くほどピカピカに汚れが落ちてくれます。

 

また、このマイクロファイバーはかなり大判のタオルなので広い場所に使うのに最適です。窓拭き、サッシ拭き、食器棚のガラス拭きなら短時間で広い面を綺麗にできるので家事も時短でどんどん済ませることができます。

 


⇒レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ