パソコンで目が疲れる方のための対策グッズ | クマノテ

パソコンで目が疲れる方のための対策グッズ

ロートフラッシュ洗眼薬とあずきのチカラ目もと用を購入しました。+パソコンフリーソフトを試しました。

■購入のきっかけ

最近はパソコン等に向かってる時間が多く目がとても疲れていました。目がぼんやり霞んでくる印象です。こうなると目をこすってしまい寝てしまおうという気持ちになりますが、どうにか目をスッキリさせたいと考えてました。

普通に目薬も使っているのですが、消耗するのが早くてどうにかならないかと考えてました。インターネット通販などで大容量タイプの目薬も探してみました。確かに少し多くなってはいますが、ごく僅かな印象です。

 

大量に目薬を使ってるとコスパも悪く感じました。意外と高いんですよね。目薬って。小さいながらにも2ヶ月くらいもつ事が多いんですが,私は目薬が近くにあると目薬をさすという行為が癖になってしまい、減る量が増えてしまいます。

そこでどうにかならないか考えていた所、以前使っていたコンタクトレンズを外して点眼する洗眼薬を思い出しました。
使っていたのは10年も前。現在はコンタクトはしていません。ですが当時も500ミリリットルで1,000円もしなかったので目薬と比べるとコスパがいいなと感じていました。もし目薬感覚で使えればですが。

 

ロートフラッシュ洗眼薬~実際に購入した箱はこんな感じです。

ロートフラッシュ洗眼薬01

裏面には使い方なども書いてます。説明書などはありません。

ロートフラッシュ洗眼薬02

箱から出してみました。

ロートフラッシュ洗眼薬03

さて、使ってみた感想ですが、う~ん、目を洗ってる感じはやはりします。目を洗う容器も昔はプラスチックで固かったのですが現在はシリコンっぽいものに変わってて押し付けても痛くないのが良かったです。下手で相変わらず隙間が出来てこぼしてしまいますが。

今回購入したのはクールタイプなのでスーッとする感じもします。

ただし・・・やはり目薬と比べるとやはり用途は違う気がしますね。こちらは目をすすぐという感じです。当然といえば当然ですが。目薬のように視界がクッキリしたという感じは少ないです。

目薬は目に入れるといろんな目にいい成分が入ってそうだなという印象ですが、こちらはもっと水っぽいというかすすぎ用という感じです。やはり。ただし目を洗うという目的ならばいいと思います。昔はクールタイプとかもなかったですし、水で洗うと目がかゆくなってしまいます。

 

そしてあずきのチカラ 目もと用も購入しました。

こちらが箱です。結構小型です。

あずきのチカラ 目もと用01

裏には使用方法などが書いています。

あずきのチカラ 目もと用05

箱から出して広げてみました。

あずきのチカラ 目もと用03

実際に使ってみた感想はすごい・・・です。

かなり前から売ってる商品でしたが実際に使った事はありませんでした。アマゾンでレビューがとても良いので今回は購入してみました。電子レンジで暖めて目にあてて使うのですが、この暖かさが思ったよりも長く持続します。これがビックリでした。

実際に目にあててると確かに冬なんかの寒い時はとても重宝されそうです。10秒位で元に戻るんだろと思ってましたがそんな事もないようです。

ゴムバンドとかはついていないらしく固定はできません。少し残念ですが安全性からの考慮からかもしれないですね。顔を拭く蒸しタオルほどは気持ちよくは感じない人もいるかもしれません。

ただし、顔に蒸しタオルをあてて拭いてると、タオルがヌメヌメした感じで嫌だ、洗っても何度も使いまわすのは嫌だという人には良いかもしれません。200回繰り返し使えて700円くらいなのでコスパもいいほうだと感じました。

目が疲れてる時には利用してみると良さそうです。これから夏が終わって涼しくなってきたらもっと重宝しそうです。

 

そしてパソコンなどにもこういった目の疲れを軽減するものはいくつかあり、グーグルクロームにはg.luxという拡張機能があり導入するとパソコンの画面に自分の好きな半透明な色のフィルターをする事ができます。

他にはファイアフォックスにはdimmerというアドオンがあります。こちらも無料で利用できます。こういったアイケア用品と一緒に使うと効果的に感じます。そしてフリーソフトでdfilterというものもあります。

このパソコンのフィルターだけでもある程度の効果はありますが、今回紹介したようなアイケア用品と一緒に使うのがお勧めです。

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ