スムージーが簡単に作れる!ツインバード コンパクトミキサー | クマノテ

スムージーが簡単に作れる!ツインバード コンパクトミキサー

秋疲れにご注意。

残暑も収まり、秋になって毎日ぐっすり眠れる日が増えているのに、なぜかお疲れの人は秋疲れかもしれません。夏の間に暑さのストレスに晒された体が、急に涼しくなることでバランスを崩しているケースも。

 

疲れた体には、朝晩の涼しい気温と、日中の暑いくらいの日差しの温度差も体に応えるものです。9月、10月にくる何となくだるい、寝ても疲れが取れないというのは秋疲れかもしれませんね。

 

秋の疲れに気づいたら、秋の始まりとともに解消して冬に向けた準備をしたいですね。疲れをとるには温浴などで体を温めることも大切。また、夏の間にたまった余分な老廃物を流しておくことも必要で、それには体の中に入れる食べものを工夫するのが近道です。特に最近注目されているのが野菜や果物を生のままミキサーなどで食べやすい形にする流動食、スムージーです。

 

自然のパワーを直接取り込む。

秋は食欲の秋ともいわれ、美味しい旬の食べ物がお店にも沢山並ぶ季節です。疲れた体を癒すためにも、自然の作物からバランスよく栄養素を取り入れるのが賢い暮らし方。

 

おススメはスムージーを自宅で作って飲むこと。スムージーというのは、野菜の繊維をそのままとることができる完全食で、冷たく冷えた飲み物です。野菜や果物を丸ごと取り入れることができるので健康的で、吸収しやすいのが利点と、アメリカなどで人気が高まっています。

 

なかでも最近よく耳にする「グリーンスムージー」は、取りすぎた水分を排出するなど秋の体にいいことが沢山。また、季節のフルーツを使ったスムージーはその時々に体に必要な栄養素を多く含んでいることが多く効果も高くなります。秋なら秋のフルーツ、なしやカキがおススメです。

 

ミキサーさえあれば専用のブレンダーがなくても簡単に作れます!最良選びや作り方などある程度のルールを守っていればミックスジュースのような美味しいスムージーが楽しめますよ。

ツインバード コンパクトミキサー01

おススメスムージーを二種類ご紹介。

我が家でもミキサーを使ってよく作っていますが、本当に簡単です。子どもも一緒に参加できるので、お休みの日や放課後のちょっとしたイベントにも。ここから先日我が家でつくったスムージーを紹介します。

ツインバード コンパクトミキサー02

バナナとほうれん草のグリーンスムージー レシピ

材料

バナナ1本

ほうれん草1把

氷(2粒くらい)

ヤクルトなどの乳酸飲料1本

 

この材料をミキサーにかけるだけ。つぶつぶがなくなってきたら味を見て、お好みで水を足してください。

 

生のままの青い葉物野菜をいただくのは、青汁のイメージで苦いのかなと思いがち。でも、こちらのレシピは本当に飲みやすくて、子どもたちにも人気なんです。

 

なしとヨーグルトのスムージー レシピ

材料

なし半分(皮ごと8つくらいの角切りにする)

ヨーグルト50CC

氷(2粒くらい)

ヤクルトなどの乳酸飲料1本

 

皮と身の間に栄養分が豊富なので、果物を選ぶ際は無農薬や減農薬のものを使いましょう。手に入らない場合は皮をむいても。なしとヨーグルトがさわやかです。

 

本来は水で作るらしいのですが、我が家では子どもにも美味しく飲んでもらいたいので乳酸飲料を足して甘味や飲みやすさをプラスしています。一回で二杯分くらい作れるので便利ですね。

 

ツインバード コンパクトミキサー03

使ったミキサーのポイント。

ミキサーを使う時には、氷で刃こぼれしそうなので小さ目の氷を少ししか使いません。冷たすぎないのも体にいいポイントです。後片付けも簡単で、コンパクトなのも我が家のキッチンでは重宝します。

 

蓋の真ん中の緑色の部分が取れるようになっていて、そこからスプーンを入れて味見ができるのが便利なポイント。シンプルなミキサーですが、ちょっとした料理やこうしたドリンクづくりに向いています。

 

棚の奥に眠っているミキサーがある方は、一度簡単なスムージーを作ってみると、意外と健康生活にはまるかもしれません。美味しくて美容にもいい。夏バテならぬ秋疲れには自然の力をそのまま取り入れられるスムージーなどのローフードが効果的です。

 

簡単な調理でできるので子供のお手伝いにもちょうどいいきっかけになります。

 

多忙なモデルや芸能人の方々も愛用中な理由は>>>


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ