ダイキン空気清浄機『うるおい光クリエールACK70N-W』&『アロボCLV900』を徹底レビュー!

空気清浄機『うるおい光クリエールACK70N-W』『アロボ CLV900』、大小使い分けでお部屋の空気がすっきり!

 

1.大きな空気清浄機で一気に空気をきれいに。ダイキン『うるおい光クリエールACK70N-W』レビュー!

我が家は子どもが一緒に生活しているのでウイルスがしょっちゅう持ち込まれて、風邪が流行ると家族に移ったりします。ハウスダストのアレルギーもあり、ほこり、花粉にも敏感。

強力な空気清浄機を探しました。

ダイキン空気清浄機01

ダイキンのこのタイプは、ダイニングとつながったリビングでも大丈夫。広い空間の空気を一気に奇麗にしてくれるので、気になる季節はフル稼働させています。

 

ハイブリッド型の加湿器にもなっていて、タンクに水を入れるだけの簡単仕様。乾燥する季節は大活躍です。インフルエンザウイルスも無効化してくれるおかげか、昨シーズン我が家ではインフルエンザになりませんでした。

 

においセンサーが作動して空気を浄化してくれるのでお役立ち。ほこりをとってくれるフィルターは長寿命なので交換する手間もないです。カビが気になる梅雨場も使えますし、ハイパワーの空気清浄機は一台あると安心です。

ダイキン空気清浄機02

パワーがあるのでサイズは結構大きめ。置き場をとるのはちょっと悩みですが家具の間に入れてもシンプルなデザインなので気になりません。

 

エアコンの近くに置いてあるので、きれいな空気が循環していると思うと気分よく過ごせます。いろいろなモードがあり、節約機能も使えます。

 

ダイキンの空気清浄機の特徴は「光ストリーマ機能」。吸い込んだ有害な物質、ほこりやウイルスなどを強力に分解することができるそうです。花粉症の人でもこの機能で家の空気はOK。汚れた空気を吸い込む吸引力が強いのも特徴です。

 

また、加湿器の悩みで多いのが、加湿する水が汚れていないかということ。この空気清浄機の加湿機能は加湿する水をきちんと除菌してくれるからとっても安心です。健康のために安心して使える加湿器というのがポイントです。

 

子どものいる世帯でも安心して使えます。熱も出ないので危なくないですね。一台で部屋中の空気環境を良くしてくれるのできれいな空気に包まれている安心感があります。

 

2.小さくても機能が充実でインテリアにもなる『アロボ CLV900』レビュー!

我が家では、小さな空気清浄機も其のときに応じて使い分けています。きれいにできる空間は6畳くらいなので一人でいるときによく使っています。自分のお気に入りの場所はダイニングテーブル周辺。狭い範囲で使うなら、小さくて電気代もお得なほうがいいですよね。

 

AROBOの空気清浄機を使っています。

ダイキン空気清浄機03

まずインテリアにマッチする見た目が気に入って購入を決意。水を使って空気をきれいにするのもわかりやすくていいなと思いました。

 

使ってみると、空気のきれいさは目には見えませんが、快適に過ごせて気に入っています。そして、見た目の良さはネットで見たまんまだったのにも満足です。

ダイキン空気清浄機04

オンオフの操作もつまみひとつでできて簡単です。

 

中の水が回転して見ていると癒されます。なんとなく水の音が聞こえるのも個人的には気に入っている点。サラサラという感じの音が小さくしています。夜遅くシーンとしていると聞こえるくらいなので、普段は気になるものではありません。

ダイキン空気清浄機05

暗くすると光る機能もちょっと素敵。たまにしか使わないのですが、きれいですよ。

ダイキン空気清浄機06

お勧めのポイントは、アロマを楽しめるところ。

ダイキン空気清浄機07

アロマオイルをAROBOのボールの水に垂らすと部屋に香りが広がります。セットで付いてきたラベンダーの香りのほかに、レモングラスの香りとノンフレグランスも一本ずつ買いました。

 

気分によってアロマが簡単に楽しめるので、リラックスタイムを過ごせます。それぞれのオイルの効果を簡単に紹介します。

 

ラベンダー:青紫の花がさわやかなイメージのラベンダーは見ているだけでもリラックスできますがアロマにも同じ効果があります。イライラしているときに気持ちを鎮めてくれる効果があるので、お疲れ気味の人のリラックスに効果的です。

 

レモングラス:さわやかで、レモンのさっぱりした香り。ちょっと甘さも加わっているのが特徴。虫除けに使われることが多い。心の疲れをとってくれるといわれています。

ダイキン空気清浄機08

空気をきれいにするだけでなく、香りが楽しめるディフューザーとして使える機能がうれしいですね。この空気清浄機は見た目や、香りを楽しむためによく使います。もちろん、空気清浄機としての機能もしっかりしています。

 

水を入れ替えればきれいになるのも手軽で使いやすいです。こういう商品は手入れのしやすさも大切。細かなパーツを掃除することもないので、水をこまめに入れ替えればいいというのも助かります。

 

花粉やウイルスには接待の信頼のダイキンが一番お勧めです。空気に香りをつけたり見た目に癒されたい人にはAROBOがいいかな。どちらもいいところがあるので生活に合わせてどちらか一個でも両方でも、使いやすいやり方をしてください。

 

大きな空気清浄機には、全体的な空気ケア、小さな空気清浄機には狭いスペースでの利用と使い分けると、電気代も節約になります。使い分けることで、空気清浄機の特徴を生かした楽しみ方ができるのが我が家では便利です。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ