ソーラー発電機GOALZERO Nomad7 V2をレビュー! | クマノテ

ソーラー発電機GOALZERO Nomad7 V2をレビュー!

Nomad7 V2 01

<レビュー GOAL ZERO  Nomad7 V2  GZ-12301>

特に予定のない休日の日。用事がなければついつい家の中にこもりがちになってしまいませんか?

そんな人におすすめなのが「プチノマド生活」。

 

ふだんは家でやっていることをなるべく外でやるようにする。それも特に場所を決めずに転々と移動しながらのんびりとした時間を過ごすのです。

しかし、問題なのが、外出先での給電。特にスマホは、友人や知り合いからのメールチェックや、急用の電話、SNSでのやり取りなど、生活に欠かせないものになっています。

 

そこで今回は、屋外でもスマホを円滑に使えるようにするために、GOAL ZEROのソーラー発電機Nomad7 V2を活用することにしました。

 

■曇りでもNomad7 V2で充電できるか?

さっそくNomad7 V2を持ってお出かけと思ったら、なんと今日は曇り。天気予報によると夕方に雨が降るようです。

恐る恐るNomad7 V2を持ち出してみました。

 

実験場所は河原です。天気は思ったよりも良く、日がときどき差してきました。早速Nomad7 V2とスマホを接続すると、あっさりと充電が始まりました。 どうやら多少曇っていても関係ないようです。15分ほど計測してみたところ、充電が開始する前から5パーセント増えていました。

 

30分後には、予想通り10パーセントに到達。どうやら、一時間で20パーセントほどの充電ができるようです。 実験がうまく行ったので、そのまま自転車に乗って「プチノマド生活」を開始することにしました。

Nomad7 V2 02

■ソーラー発電でスマホを充電・快適なネットライフを実現!

まずは適当に自転車を走らせます。信号が一切ない川沿いを走り続けていき、適当な場所で休息をとります。

適当な場所が見つかったら、そこで、Nomad7 V2を広げてスマホを充電。その間はKindleを使ってのんびりと読書します。

Nomad7 V2 03

読書に飽きたら、スマホで音楽を聴いたり、ふと思いついたアイディアをノートに書き留めたりします。外にいると、不思議と心を落ち着かせることができます。そして今まで思いつかなかったアイディアがなぜか浮かんできます。

10分ほど経過してからスマホの充電量をチェックしてみました。結果は、充電する前とほとんど変わらず。

どうやらうまく充電できていないようです。

 

そこで今度はNomad7 V2を太陽の方角に向けて充電してみました。

すると、前回よりも勢いよく充電されていきます。20分ほどで10パーセント充電できました。

充電した後は、ネットに接続してメールをチェック。それから今いる場所をカメラで撮影してツイッターに投稿。ついでに天気予報やニュースサイトもチェックしてしまいました。
■リュックにNomad7 V2を装着・東京湾まで走ってみた

さて、その後、再び場所を切り替えて場所を移動します。

しだいに晴れてきたので、今度はNomad7をリュックに固定して走ってみました。

Nomad7 V2 04

Nomad7 V2には8本のフックがついているので、簡単にリュックに取り付けることができます。

リュックの上部についている左右のバンドをNomad7 V2のフックに通して留めるとしっかりと固定されます。

突然雨が降ってくることが心配なのですが、Nomad7は防水仕様。仮に雨が降ってきたとしても何も心配はいりません。また、落としてしまっても頑丈な作りなので壊れる心配もありません。

 

さて、天気も回復して自転車で川沿いを順調に走っていきます。そしてしばらく休憩。そんなことを何度か繰り返していたら、とうとう東京湾が見えるところまでたどり着いてしまいました。

地図アプリで調べてみると、ここは江東区の新砂というところらしいです。災害時の復旧活動に必要な資機材や救援物資等の積み下しを行うリバーステーションがありました。

Nomad7 V2 05

どうやら電車で行っても1時間以上もかかるところまで旅をしてしまったようです。

少し休憩してから充電量をチェックしてみると、10パーセントほど充電量が増加。リュックに装着してもちゃんと充電ができていました。

 

 

■まとめ
Nomad7を使うことで外出時の給電を心配しなくなりました。その結果、外で過ごすことがとても増えました。

外でのんびりと読書をしたり、音楽を聴いたりしていると、ふだんよりも時間がゆっくりと流れているように感じます。

そして、いつも以上に身も心もリフレッシュできます。

 

Nomad7を使っての「プチノマド生活」は想像以上に充実したものでした。

ぜひみなさんも試してみてください。

 

関連⇒ムサシRITEX LEDセンサーmini 乾電池式 ASL-015~購入してレビューしてみた


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ