山田照明アームライトZ-LIGHT Z-108 Wホワイトを購入しました。 | クマノテ

山田照明アームライトZ-LIGHT Z-108 Wホワイトを購入しました。

■山田照明のアームライト『Z-LIGHT Z-108 W ホワイト』購入の流れ

今回購入したこの商品は真新しい物ではなく発売は2008年頃のようです。ですが今も変わらない魅力があります。

Amazonなどの評価も良く5星中、4.5と高評価です。レビューは95人にもなります。何度か見かけて気になっていた商品です。頭に記憶していて偶然近くのお店で安くなっていたので購入してみました。ちょうど箱から出して展示していて触れたので良さがすぐに分かったのです。

こういったライトはある事も分かっていましたが、じっくりと触ってみるのは初めてでした。勝手な印象だとすぐに角度調整が効かなくなってぶら~んとしてしまったりしそうな印象でしたが、触って角度などを変えてみると思い通りに角度を自由自在に変える事ができました。結構作りも頑丈そうで動かすのもスムーズで力がいりません。

 

ライトもちゃんと照らす事ができて、なかなか良さそうな商品に感じました。この商品に値段をつけてと言われれば多くの人が4000円くらいと言いそうな感じです。デザイナー作と書かれれば1万5000円くらいでも普通にありそうです。その値段ではあまり売れないと思いますが。少なくても1500円とかには私には見えません。

後日、「バイヤーが選ぶ 暮らしの定番」対象商品とアマゾンで紹介されていました。デスクライトは既にあるのですがかなり昔のもので黒い塗装などが剥げてしまい、見た目的にも綺麗ではなく買い替えを検討していたのでちょうどいいタイミングでした。バイヤーさんいわく100cm以上の幅の広いデスクなどには特におすすめとの事。やはり定番の商品だったんですね。

 

実際に購入して撮影してみました。足を折り曲げるとこんな感じです。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト01

色は白です。綺麗で清潔な印象です。女性も好きそうな爽やかさです。重量: 1.4kg 白い足の部分ですが、下と上でそれぞれ50センチくらいあります。上には電球のカサなども入るので実際はもう少し大きく感じます。机があれば一応サイズをおおまかにでも測っておいたほうが良さそうです。

意外と大きいです。小柄な女性が使うのは大きくて困るかもしれません。背の高い男性でも大きいねというサイズです。
この辺はしっかりと考慮して購入する必要がありそうです。

パーツはこんな感じで分かれています。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト02

これはライトと足の部分です。これを下記で紹介する黒い部品にはめます。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト03

黒い部品です。これはテーブルに固定させる物です。ネジみたいな物で閉めるだけなので簡単です。

 

では実際にセットします。机にまずは黒い器具をセットします。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト04

簡単です。シルバーのベジのような部分をくるくると回転させて机にフィットするように挟めばいいのです。外すときは反対方向に回すだけです。

 

机に取り付けた黒い器具に照明本体を差し込みます。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト05

これもとても簡単です。差し込むだけです。黒い金具だけつけておいて必要な時にライトを差し込むという使い方もできそうです。しっかりと固定され倒れません。倒れないですが角度は自在に変えられます。

 

ライトは一般的な大きさのLEDを差し込んでみます。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト06

白色LEDです。

 

ライト部分の裏面はこんな感じです。少し汚してしまいましたが、もちろん新品は綺麗です。
裏面で回してスイッチが切れます。ここはカチッと固い感じではなくスムーズでとてもいいです。

 

セットしたところです。周囲に物が多いので暗い所で撮影しました。

Z-LIGHT Z-108 W ホワイト07

実際に使った感想としてはやはり便利です。ややサイズ的に大きく感じる人もいそうだなという印象はあります。もう少し10センチくらい短いのがあってもいいかなという感じです。そうすれば女性にも受けいられやすいと思いました。背の高い男性でもそう感じるくらいの大きさです。

重量はそれほど重くはありません。たためば場所もそれほどとりません。折りたたんでもその形状がキープされるわけではないのでテープや紐で止める必要がありそうです。使用感はとても気に入っています。

動作は軽くスムーズでピッタリと止まります。角度も向きも自在に変えられますし、デスクで作業する場合もちょうどいい高さや向きなどに簡単にできます。軽い力で動かせピタリと止まりギシギシ音も鳴らないので不思議なくらいです。

 

なんか昔のテレビなどで見た手術室のような印象もあります。普通のデスクライトに飽きてる人にも良さそうです。インテリアとしてのデザイン性も良い感じがします。電球のカサ部分も大きく大きめの26口金の電球で使えそうです。

実際にライトをつけてみると電球のカサの部分も大きくて白色なので明るく感じます。最近の810ルーメンのLED電球なら必要十分な明るさが得られると思います。
そして電球の電源のオンとオフはコードを抜く以外にもスイッチを回す方法があります。このスイッチですが電球のカサの上部についていてこれも力が必要なくサクッとオンオフ切り替えられます。カチッという音さえしないで気持ちが良いです。

力のない人でもスムーズで全く固さがなくて使いやすいと思います。4,000円くらいまでで購入できれば選択肢の1つに入れておくのも良いと思います。

仕様としては、白熱球のE26 Newユーランプ 100W他に電球形蛍光灯D25形まで使用可能、東芝E26LED電球9.4Wまで使用可能という記載があります。この商品、すなわちZライトといえば、可動式アームスタンドの代名詞的存在と言われているようです。ロングセラーで人気があるのは使ってみれば分
かります。とても使用感が気持ちいいですよ。

 

難点は特にありません。デザインもよく使用感もとても良く、値段も手が出しやすい範囲であると思います。ただし白色の場合は色がとても綺麗ですが汚れが気になるかもしれません。

普通に使ってればそれほど汚れませんが、ポテトチップスを食べたような手で触ったりしてると汚れも目立ってしまいそうです。おしぼりなどで手を拭いて使ったほうが良さそうです。白なので汚れが落ちなければ白い塗装やスプレーなどを自分でするしかないのかな・・・という事も考えています。

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ