胸熱な感動スポーツ漫画【厳選おすすめの名作5選】 | クマノテ

胸熱な感動スポーツ漫画【厳選おすすめの名作5選】

胸が熱くなる感動青春スポーツ漫画厳選5作品をご紹介いたします。

青春スポーツ漫画の中でも野球、バスケットボール、テニス、柔道、ボクシングから選りすぐりの5選です。

 

■「タッチ」  著者:あだち 充  発行:小学館 全26巻

 

「上杉達也」と「上杉和也」の双子の兄弟と、その隣に住む幼馴染の美少女「朝倉南」。
中学3年になりそれぞれ恋愛感情を意識し始めるも、微妙な関係のまま高校へ進学します。
弟和也は高校へ入学すると野球部へ入部し甲子園を目指すのですが、これが波乱の幕開けとなります。

このタイトルを聞いて野球と恋愛の漫画だということはもはや誰もが知っているでしょう。
テレビアニメも約30年前に放送が始まったにもかかわらず、再放送も繰り返され甲子園のスタンドからブラスバンドが奏でるテーマソングは、今では甲子園の代名詞ともいえます。

原作も30年以上前に書かれていたものですが、コミック版だけではなくワイド版、文庫版、完全版が発行されています。
改めて、じっくり原作を読むとまさに胸の熱くなる1作です。

 

■「SLAM DUNK」  著者:井上 雄彦  発行:集英社 全31巻

 
真っ赤な髪がトレードマークの不良少年「桜木花道」が、一目ぼれをキッカケにバスケ部へ入部します。
当然のことながらバスケの基礎もルールも知らない花道。
楽しくもない基礎練習を、一目ぼれの相手「赤木春子」にいいところを見せたいというよこしまな思いだけで続けるうちにバスケにのめり込んでいきます。

バスケットボールを題材にした漫画で、これ以上の名作は生まれないだろうともささやかれている名作中の名作です。
スポーツ漫画が苦手な方でも笑える場面も多く読みやすいと思います。

試合中の一瞬の動きも細かく描かれており、説明文のようなセリフは少ないので全体的に字数は少ないです。
普通に読めば全31巻一気に読んでも半日もあれば読破できるのではないでしょうか。
恋にもバスケにも一直線男の胸を空くような爽快にして軽快な作品です。

 

■「しゃにむにGO」  著者:羅川 真理茂  発行:白泉社 全32巻

 
将来を有望されるほどの実力を持つ陸上ランナー「伊出延久」は、中学3年のある日「向田ひなこ」に一目ぼれをし、同じ高校へ進学を決意します。
一方、テニス界ジュニアの実力者「滝田留宇衣」もまた延久と同じ高校へ進学していました。

プロを目指すもメンタルの弱さからテニスでは無名高への進学をした留宇衣と、将来有望といわれたランナーとしての人生をあっさり捨て進学した延久の2人が出会い物語りは進んでいきます。

著者は少女漫画雑誌「花とゆめ」でデビューしており、少女漫画をずっと描いてきた人物です。
近年には「月間少年マガジン」で連載しており、少女漫画としては比較的線のしっかりした絵柄なので男女問わず読みやすいのではないでしょうか。

性格もタイプも真逆の2人が悩みながらも成長して行くリアリティーのある作品です。
等身大の青春スポーツ漫画を読むならこの作品が一押しです。

 

■「YAWARA!」  著者:浦沢 直樹  発行:小学館 全29巻

 
著名な柔道家で祖父の「猪熊滋悟郎」より柔道の英才教育を受けた「猪熊柔」。
本人は柔道よりも、恋やオシャレに興味のある花盛りの高校生です。

しかし滋悟郎は、オリンピックで金メダルをとった後、国民栄誉賞を柔に受賞させる夢のためにあの手この手と様々な謀略をめぐらせます。
分かり合える友人、良きライバルとの出会いもあり柔道の類稀なる天賦の才を開花し始めます。

柔道漫画としてこれだけヒットした作品は他にはないでしょう。
オリンピックで2度金メダルを獲った谷良子(旧姓:田村)さんが「ヤワラちゃん」と呼ばれたのもこの作品が由来です。

柔道漫画としても申し分なく面白い作品ですが、柔の周りを取り巻く超個性的な登場人物達の人間関係、恋愛関係も見ものです。
恋にも柔道も一本背負いの誰よりも強くて素敵な女の子の物語です。

 

■「初めの一歩」  著者:森川 ジョージ  発行:講談社 既刊107巻(2014年7月現在 連載中)

 
釣り船「幕之内」を営む母と二人暮らしでいじめられっ子の主人公「幕之内一歩」は、ある日プロボクサーである「鷹村守」と偶然の出会いを果たします。
いじめっ子である不良達を前にしても、鷹村の圧倒的な強さを目の当たりにし、「強いってどんなんだろう!?」という想いからボクサーを目指す決意をします。

不器用ながらもひたむきにボクシングに打ち込み、終生のライバル「宮田一郎」をはじめ、様々な強敵に出会い苦悩しながらも人間としてもボクサーとしても成長していきます。

とにかく不器用な主人公。
そのボクシングスタイルもクレバーな戦術でリングに上がると言うよりは、猪突猛進でとにかく前進あるのみです。
恋愛に関してもかなりの奥手。

読んでる側が一歩の危なっかしさにハラハラドキドキしますが、それ以上に憎めない主人公です。
非常に純粋で、同時に強い信念と自分を信じることができるまで練習をする努力の人である幕之内一歩の栄光と挫折のストーリーです。
日々の生活で忘れかけていた、何かに一生懸命取り組む気持ちを胸の奥から呼び覚ましてくれるそんな作品です。

 

どの作品も、どこか懐かしい気持ち、こみ上げてくる熱い気持ちが描かれています。
恋愛もスポーツも真剣だから面白い。そんなすばらしい作品ばかりです。

有名なタイトルなのであらすじを知っている方も多いと思いますが、あの胸の熱くなる思いをすばらしい作品と共に体感してください。

漫画関連記事⇒おすすめのサスペンス漫画


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ