そもそも譲渡会とは?譲渡会で出会うメリット

【そもそも譲渡会とは?】

前回、新しい家族と出会うための選択肢としての「譲渡会」や「里親探し」を考えてみようというテーマでお話を進めてきましたが、そもそも、この譲渡会について少し触れておきましょう。

犬

 

内容としては、その名の通り
運営主体のボランティア団体や病院、場合によっては保健所などが保護もしくは委託された犬猫を新しい家族のもとで過ごすべくいわばお見合いの様な場所。

 

ネットで「譲渡会」、実施地域を入れると、結構な件数の情報がヒットします。
日常的に譲渡会を行っている団体のホームページには次回参加の犬猫の写真を掲載している場合もあります。

その情報を元に参加エントリーをして、実際に犬猫と会った後に講習会やトライアル期間などを経て新しいおうちの家族となります。

 

参考までに、譲渡会に参加している犬猫の中には、人間と暮らした経験がある子もいます。
そのため、実際に数日、トライアル期間として飼育してもらい、飼い主さんのライフスタイルとその子との相性が合うかなどを自身の目で確認してもらうケースもありますので内容は充分に確認することをお勧めします。

(講習会の実施やトライアル期間の有無は運営団体の方針にもよりますので詳細はご自身が参加を検討している団体のホームページなどでご確認ください)

猫

 

【譲渡会で出会うメリット】
では、実際にペットショップで出会うのと、どう違うのか見てみましょう。

 

1)条件さえ合えば、ペットショップよりリーズナブルに飼育開始出来る

最近は犬猫の価格そのものもかなり下がってきてはいますが、とはいえ子犬や子猫から飼育するとなると、個体だけで数万円の出費は免れません。

意外とスターターセット(ゲージとトイレ用品、えさなど)を揃えるだけでも一万近くするでしょうし、ワクチン注射や犬の場合は飼育登録が必要になりますのでこちらも数千円します。ですので、個体の費用を抑えるだけでもかなり飼い主さんにとってはいいスタートになります。

 

2)成犬、成猫の場合は基本のしつけが終わっている可能性が高い

成犬、成猫の場合、元の飼い主が病気、転勤などでどうしても飼育することが困難になったので譲渡会に参加している子もいます。

 

その場合、基本のしつけが終わっているので、トイレの覚えや、コマンド(まて、おて、など)の理解力が高い子が沢山います。
ご自身のお宅に合わせた軌道修正は必要ですが、子犬や子猫から育てるよりはだいぶ楽なケースが多いのも特徴です。

 

3)何より愛情に敏感
こちらも成犬、成猫にいえることですが、何らかの事情が有って子犬や子猫から飼育されなかった、もしくは大人になってから一人ぼっちになってしまった子達がほとんどです。

最初は環境に慣れず、臆病になったり鳴いたりすることもありますが、キチンと愛情をこちらも注げば最高に愛してくれるケースが多いのです。

 

4)譲渡会前の健康診断をしているケースが多い
保護してきた犬猫の場合、譲渡会前に重症な病気に罹患していないかなどのチェックが終わっている場合が大半です。

 

また、障がいを持っている場合なども教えてくれます。
「障がい」と聞くと警戒する人もいるかもしれませんが、たとえば多少足腰に不都合があっても事前にその事実を知っていれば少しの気遣いで健康な個体と同じように飼育することが可能です。

 

もし内科的な不安材料でも最初から知っていれば、ペット医療保険などで急な出費を最小限に抑えることも出来ます。
ペットショップの中には、このような検診を行っていなかったり、知っていても伝えない様な業者もいますので、それなら最初から状態を把握出来るだけでも、随分気構えが楽になります。

 

もちろん健康優良児もいますので、医師のお墨付きとあれば、安心して飼育できますよね。

ここまで、色々譲渡会のいいところをご紹介しましたが、次回は参加するために気をつけなければいけないことをお伝えしていこうと思います。

譲渡会に参加できる人、出来ない人

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ