スポンサーリンク


お風呂でカビキラーの効果的な使い方・コツはある?~口コミはこちら

お風呂 カビキラー 使い方

『お風呂でカビキラーの効果的な使い方・コツはある?』(口コミ5件)

↓   ↓

■口コミ1

カビキラーはかけて時間を置くとカビが綺麗になっているというかなり便利な商品で利用している人も多いと思います。

ただカビキラーって床は良いけれど壁の場合、垂れてきてしまい困るって人も多いのではないでしょうか。そんな時に私が利用しているのはティッシュペーパーです。

 

ティッシュペーパーを壁に張りカビキラーをかけています。ティッシュペーパーにカビキラーが浸透して、壁にピッタリと貼り付くのでカビにも浸透しやすくお薦めです。

時間を置いた後はシャワーでそのまま流してしまい、排水溝にたまったティッシュペーパーを絞って捨てれば良いだけなのでとても簡単です。

布巾等のタオル類を湿らすのには量も必要ですし、枚数も必要です。そしてトイレットペーパーは溶けてしまい目的の役目は果たせず、という事でティッシュペーパーが一番便利でした。

 

それと、一番基本で大切なのは、カビキラーをかける前はきちんとシャンプー等の残りを流しておく事です。そして乾燥した状態の方がカビキラーだけが浸透するので効果が感じやすいと思います。

また、カビキラーをしてもカビが取れないというように思う方もいると思います。ただ、黒い物はカビの胞子はカビキラーできちんと殺していても色素として残ってしまう事があるそうです。

カビの根が深くなる前に定期的にカビキラーを使用しておくのをお薦めします。

 

■口コミ2

広い平らな面での落ちにくいカビには、キッチンペーパーにカビキラーを浸して、カビの部分にカビキラーを浸したキッチンペーパーを置いて10分程パックしてあげます。

すると10分後にはすっきりカビが綺麗に消えていて、水をしっかりかけ洗い流したらカビ掃除が完了します。

 

とくに天井とかの場合は、カビキラーだけだと液が下にボタボタ落ちるので、キッチンペーパーでパックしてあげるとしっかり浸透してくれます。

あと風呂場の隅のゴムパッキン部分にはカビキラーを撒いた後、使い古しの歯ブラシで気になる部分をこすってあげると浸透してくれ綺麗に落ちるのでオススメです。

ゴムパッキンの場合は、キッチンペーパーでパックするよりもブラシの方が細かい部分まで届きカビが落ちやすいので、使い分けて欲しいです。

 

あと夏場は週に一度は必ず排水溝にカビキラーを撒くだけでもオススメです。そうする事によりカビが発生しにくくなりますし、ヌメリも解消してくれて臭いも抑えてくれるので風呂掃除が楽になります。

 

■口コミ3

カビキラーはお風呂の蓋のカビを取るのに、とても有効でした。

まずはお風呂の蓋を横に倒しておき、それから全体的にカビキラーをスプレーします。そのあと、歯ブラシなどを使ってまんべんなくカビキラーをお風呂の蓋に行き渡らせます。

そして、そのあと、空気が入らないようにお風呂の蓋をラップで包みます。

それをお風呂の蓋の裏表同様にしたあと、蓋を立てて1時間くらい放置しておきます。1時間後にラップを全てはがして、シャワーでよく流すと、お風呂の蓋のカビはほぼきれいに取れていました。

 

インターネットで調べたところ、カビキラーにラップというやり方は、お風呂の蓋だけではなく、床や壁などのカビが多くてなかなかこすっただけではとることができない場所には有効のようです。

なかなか取るのが難しいと思っていたのカビが、カビキラーとラップで簡単にとることができたので、とてもすっきりしました。

ただ、カビキラーは塩素系漂白剤で、体や肌にあまりよくないので、換気や直接触れないように手袋やマスクなどを忘れずにする必要があります。

 

■口コミ4

カビキラーを使う前に、まずは市販の洗剤とスポンジで軽くこすって落ちやすい汚れは先に落としておきます。

一度お湯で洗い流してからが本番です。

汚れやカビが溜まって黒ずんでいるところは重点的にカビキラーを吹きかけ、そのあとにサランラップをかぶせます。

 

この時の注意事項はラップとラップの間に隙間をつくらないこと。隙間から流れ出ていってしまうので、少し重ねる感じでラップを敷いていくのがコツです。

放置時間の目安は10分から15分です。

こうしておくと吹きかけたカビキラーが流れて行かないので汚れやカビに効果的にカビキラーを効かせることが出来ます。時間が経ったらラップを剥がし、再度お湯で洗い流します。

この後にスポンジでこすると大抵の汚れやカビは落とせます。

 

これでも落ちない頑固な汚れやカビは歯ブラシを使ってこすりましょう。スポンジよりも汚れ、カビに当たる面積が小さいのでより落としやすくなります。このときにクレンザーのジフを使うと完ぺきです。

注意事項としては、ラップを敷いている間は喚起をよくしておくことを忘れないでください。

 

■口コミ5

お風呂でカビキラーを使ってカビを落とす人も多いかと思いますが、しつこいカビに対して効果的な使い方というと、シップをするということです。

カビキラーをシュッシュとして、しばらく置いておくだけでも効果はもちろんあるのですが、あまりにもしつこく取れにくい部分などにはシップをします。

 

やり方は簡単で、カビキラーを吹き付けた部分にキッチンペーパーをのせて適度にしみこませて、その上からラップをかけて密封するのです。

とくに入口のドアや窓などのパッキンの部分などはうちの場合には、梅雨時期なんかに放置しておくとカビで真っ黒になってしまいがちなので、そうやっています。

 

放置時間はカビの付き具合によっても違いますが、個人的には20分ほど放置することが多いです。もっとしつこいものでとれなかったら30分くらい放置しておくこともあります。

頻度としては月一回はやっておいたら綺麗な状態を保てます。

 

【参考動画】お風呂のカビ取り! カビキラーの上手な使い方

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ