キッチンの換気扇の掃除の方法・コツは ?~口コミはこちら

換気扇 掃除方法・コツ

『キッチンの換気扇の掃除の方法・コツは ?』(口コミ5件)

↓   ↓

■口コミ1

キッチンの換気扇は、毎日料理をしているとあっという間に油汚れでベタベタになってしまいます。

場所が場所なので、ついつい頻繁に掃除をせずに年末に一度だけという掃除頻度ですと、油のこびりつきがひどくなってしまうので簡単に汚れを落とすことができなくなってしまいます。

 

ですが、我が家では換気扇を換気扇用の洗剤をキッチンペーパーに浸して湿布してあげると、かなりきれいに汚れが落ちてくれます。

だいたい2、3時間はたっぷりと洗剤湿布をすれば、あとはスポンジでサーっと拭き取れば、しつこい油汚れの半分以上は落ちてくれます。

 

そこからは重曹を使って最後の仕上げをします。

重曹をたっぷりと換気扇にふりかけて、これも15分ぐらいかできれば30分ぐらいそのままにして、あとは軽くこすってあげるときれいさっぱりピカピカの換気扇になります。

 

この二段階の掃除方法で、まず汚れが取れなかったことは一度もないのでかなり効果的な方法なのでおすすめです。

 

■口コミ2

私の家では、良く天ぷらを作ります。なので、キッチンの換気扇は、とても汚れます。

昔はその都度ペーパーを変えていたのですが、最近は義母に教えてもらって、この方が楽だよ、ということを教えてもらったので、それ以降、スプレーを使って掃除を行っています。

 

私が使っている換気扇掃除用のスプレーはリンレイの『 換気扇レンジクリーナー』という、パッケージが黄色いものです。

これはとても素晴らしいスプレーだと私は思っていて、今までずっとペーパーを取り替えて掃除を行っていたのですが、方法をかえました。
このクリーナは、直接換気扇にかけてしばらく放おっておいて、それを流すと見る見る間に汚れが落ちていく、というスグレモノなんです。

 

とくに油を沢山使う過程ではこれが最高にオススメだと思います。

今までやってきた努力がこのスプレー一本で綺麗になってしまうことにはとても驚いたので、まだ使ったことのない方はぜひ使ってみることをおすすめしたいです。

お値段もそこまで高くなかったので、良いものだと思います。我が家では最近になってこのスプレー一本で掃除をしています。

 

■口コミ3

現在キッチンの換気扇、というとマンションなどで使用される「シロッコタイプ」と呼ばれるものが多いかと思います。

これは昔からある換気扇とは異なり、掃除をする頻度も少なく一度も掃除をしたことがないと言う人も多いかもしれません、がもちろん掃除は可能です。

 

まず掃除に適した季節があり、冬の大掃除に換気扇の掃除を行うのは好ましくありません。

これは汚れの性質を考えると判るのですが、換気扇の汚れと言うのは主に油汚れとそれにくっ付いてくるホコリ汚れになります。

そして油汚れは気温が低ければ低いほど固くなり、とれにくくなります。そのため、換気扇を掃除するのは夏の暑い時期が一番適していると言えます。

 

掃除の方法は、まずフィルターなどを取り外して中の羽がたくさんついているファンを取り外します。

汚れには重曹やセスキなどのアルカリ性洗剤が適していますが、それらは100円均一などでも手に入る、比較的安価で手に入れやすい洗剤です。

 

汚れがひどい場合は汚れに洗剤をまぶし、30分ほど放置してからですと汚れが落ちやすくなります。

洗剤を付けおきする場合は大きな容器でどっぷりつけるのが一番良いのですが、大きさ的にそんなことはまずできないのでキッチンペーパーなどで抑えておくとうまく付けおきができます。

 

そもそもシロッコタイプを使用している場合、使い捨ての紙のフィルターをセットしておくと汚れが付くのを少し抑えられます。

フィルターは洗えるのでまだ良いですが、備えついているダクト部分の交換は簡単にはできないので、紙フィルターは必ず使った方が良いということです。

 

■口コミ4

キッチンの換気扇、思い切って分解清掃してみるとごってり油がついていて手の施しようが無いような状態になっていませんか?でもまだ大丈夫です。油汚れには重曹を使ってみましょう。

最近は100均にも売っているので簡単に入手できますよ。

 

まず、換気扇の羽はざらざらした油汚れと細かいホコリの塊がついているでしょう。

それを歯ブラシや爪楊枝などである程度落とします。私は強力な流水で落とそうとしましたがやめましょう、油汚れが飛び散って大変なことになります。

 

その後重曹をペースト状にして練り込み、1時間ほど放置しましょう。

換気扇のフードや壁面は重曹の水溶液をキッチンペーパーなどに付けて15分ほど貼り付けておきましょう。
最後に丁寧に重曹を水で落とせば一緒に油汚れも落ちてくるはずです。

 

また、フードが出っ張っていて上に空間があるタイプの換気扇をご使用の方はそこを掃除機で掃除しましょう。

綺麗になりましたか?おつかれさまでした。

 

■口コミ5

大掃除の際には必ず取り掛からねばならない換気扇の掃除。

油と埃で掃除が大変ですよね。

私も苦手な掃除場所の一つでした。
ですが、最近は便利なアイテムがあることで綺麗に楽に掃除することが出来ました。

 

まず、用意して頂きたいのは「セスキ炭酸ソーダ」
これはアルカリ性となっていますので油を分解してくれます。

セスキ炭酸ソーダは粉末・液体とありますがお好きな方で大丈夫です。粉末タイプは水に溶かして使用します。

 

手順としては、換気扇の部品を全て取り外します。

大きなゴミ袋の中に入れてセスキ炭酸ソーダの液体をまんべんなくかけます。

そこで数十分放置します。
その間に換気扇の内部をセスキ炭酸ソーダを含ませた布で拭くと無駄なく進められますよ。

 

内部が綺麗なったら放置していた部品を取り出します。

セスキ炭酸ソーダにより油が分解され拭き取りやすくなっていると思います。これも先ほどのように布でしっかりと拭き取ります。

あとはお湯で流し、まだ汚せが気になるようなら中性洗剤で洗えば終了です。

 

特に力も入れずに綺麗に出来るので一度試してみてください。

 

スポンサードリンク




サブコンテンツ

このページの先頭へ