ドイツのエコ洗剤Frosch~フロッシュの種類と使い方 | クマノテ

ドイツのエコ洗剤Frosch~フロッシュの種類と使い方

日本でも本格的に販売がスタートして、気軽に購入できるようになったドイツのエコ洗剤、フロッシュ。

でも、様々な種類があって、まずはどれを使っていいのかわからないというのが事実。

 

ドイツで販売されているフロッシュ製品は日本で販売されているよりも、さらに種類が多いのですが、みんな上手に用途を使い分けて家事洗濯に使用しています。

今回はたくさんあるフロッシュシリーズの一部を使い方と共にご紹介していきます。

 

フロッシュの種類と使い方01

Neutral Reiniger

こちらは、多岐にわたってお掃除に使える洗剤。

バケツに数滴、洗剤を入れて家具や床などお部屋のさまざまな場所に使えます。

 

フロッシュの種類と使い方02

Orangen Universal Reiniger

こちらも多岐にわたって使える洗剤。落ちにくい油汚れなどもオレンジピールの力でしっかりと落とすことができます。オレンジの香りが部屋に広がっるので、お掃除のあとも洗剤の臭いが気になりません。

 

フロッシュの種類と使い方03

Lavenderl Universal Reiniger

こちらは、おなじ種類のラベンダーの香り。お掃除のあとにラベンダーの香りが漂うので、消臭効果もバッチリ。

 

フロッシュの種類と使い方04

Zitronen WC reiniger

こちらはトイレ用洗剤。ドイツの水道水にはカルキが多く含まれているので、トイレや流しにはカルキがこびりついてしまいます。ですが、レモンのクエン酸でカルキが驚くほど簡単にとれるのでびっくり!

 

フロッシュの種類と使い方05

Lavendel Urinstein-Kalk Entfener

こちらもトイレ用、ラベンダーの香り。トイレの汚れとカルキをスッキリと落として、ラベンダーの香りで清潔なバスルームに♩

 

まだまだ、あります。次は便利なスプレータイプ。

 

フロッシュの種類と使い方06

Lavendel Hygiene Reiniger

ラベンダーの香りのバスルーム用洗剤。シュシュっと便利なスプレータイプ。浴槽からトイレまで使えます。

カルキだけでなく、バクテリアも除去!小さなお子様のいる家庭にはぴったりですね。

 

その隣にある、青い洗剤は頑固や油ヨゴレをナチュラルなSoda(炭酸ナトリウム)の力でしっかりと落とす洗剤。スプレータイプなので使いやすく、ガスレンジや換気扇などの掃除にぴったり!

※日本でもSoda入りのフロッシュ洗剤が販売されているようです。

 

フロッシュの種類と使い方07

Spiritus Glas reiniger

こちらはエチルアルコールのガラスクリーナー。通常便利なスプレーボトルに入っていますが、このような詰め替えタイプもあります。手垢やホコリなどの汚れもアルコールの力で簡単に落とすことができます。

これがあると、どこもかしこもお掃除したくなりますよ。

 

フロッシュの種類と使い方08

Raumerfrischer

最後はルームフレグランス。ナチュラルな香りが部屋に広がります。ラベンダー、コットン、ザクロの花、レモングラスなど、自然の香りがウッドスティックを伝ってふんわり。

詰め替え用もあるので、いろいろな香りが試すことができます。

 

日本未発売のものばかりですが、個人輸入などでも簡単に購入可能なようです。

もしくは、ドイツ旅行の際にお土産すれば喜ばれること間違いなし。

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ