ぽっきり200円!!免許更新写真を安くキレイに撮る方法(履歴書写真、資格用写真にも最適) | クマノテ

ぽっきり200円!!免許更新写真を安くキレイに撮る方法(履歴書写真、資格用写真にも最適)

最近の証明写真は、プリクラ並みに何回も撮り直せたり、多少顔色の調整ができるものもありますが、値段の相場は上昇傾向にあります。

昔は500円が一般的だった気がしたのですが、最近は700円、800円が普通のようです。

確かに値段だけで決めると、撮り直しのできない一発勝負なものや、肌を多少きれいに見せてくれる加工などもなく、ある意味「ありのままの写真」だったりして仕上がりが気に入らないこともあります。

 

反対に何度も撮り直しできて、多少肌がキレイに写るタイプは、値段が割高。

とはいえ免許の更新だと、「何年も同じ写真なのだからキレイに撮っておきたい」と思う気持ちもありますが、たった1枚だけ欲しいのに、「700円も800円もかけるのが惜しい」と思うことも。

 

そこで今日は、「奇跡の一枚」で証明写真を安く仕上げる方法を紹介したいと思います。
Point1 まずは奇跡の一枚を撮る
用意するのはデジカメ。※1
あとは、気長にシャッターを押してくれる人です。

無地(できれば白かグレー)の背景を見つけたら撮影してみましょう。

証明写真なので、正面から撮る、顔を崩さない(笑いすぎや、不自然な表情など)、前髪やめがねなどで顔の特長を隠さないなど最低限のルールは守ります。

背景に同化してしまわないように、濃い目のトップスを着たり、シャツならジャケットを着用したほうが写真が引き締まります。

白い布やTシャツがあれば、膝の上に置きましょう。
撮影のときに肌をキレイにみせる「レフ版」の効果がでます。

また、証明写真BOXでは着替えができませんが、デジカメで撮るなら自由です。
服装が限定された写真でなければ、着替えても何枚か撮ってみてもいいですね。

写真館に行かなくても、何枚も撮ることで、自分にとっての「奇跡の一枚」、またはそれに近いものが撮れると思います。

最近ではデジカメにも美肌モードがついていたりするので、最後に美肌モードに変換してプリントしてもいいですね。

免許更新写真を安くキレイに撮る方法01

Point2 コンビニで現像する

撮った写真は、コンビニのコピー機でプリントアウトします。

全国各地にあってほぼ100%確実なのはセブンイレブンでしょうか。

そのほかのコンビニでも対応しているところがありますが、地域にとってコピー機が設置されていない、機種が古いといったことがあるようです。

コンビニでSDカードを挿し、ガイダンスにしたがって画像を選び、使用する証明書サイズにトリミング(コピー機上で設定できます)してスタートボタンを押すだけ。

数分で証明書写真が完成します。
しかも1度のプリント代は200円。1枚に6枚分の証明写真がついてきます。

↓すでに1枚は使用してしまったので残りは5枚…

免許更新写真を安くキレイに撮る方法02

デジカメで撮っておけばベストショットを焼き増しすることもできます。
就職活動や転職用の履歴書用写真を、何枚も欲しい時にも便利です。

やりすぎ注意

一つだけ注意したいのは、キレイに見せる加工をしすぎると、申請した時にはじかれることがあるそうです。

例えば本当は顔にホクロがあるのに、ホクロが消えるほど写真の彩度を明るくしてしまったり、反対に陰影の強い(影のある)写真もNGです。
※1カメラはスマホの内臓カメラでも大丈夫ですが、microSDをSDカードに変換するアダプタが必要になります。スマホで撮る場合は「証明写真3枚で200円」のピクチャンというwebサービス(無料)を利用すると、枚数は3枚ですがアダプタなどを用意しなくても簡単に現像できます。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ