スマートフォンで絵を描ける高機能なアプリ!「スケッチキット」 | クマノテ

スマートフォンで絵を描ける高機能なアプリ!「スケッチキット」

絵を描くことが趣味な方、また、暇つぶしに絵を書いてみようという方まで、絵に興味をお持ちの方は多いと思います。

ですが、実際に絵を描きに外へ出かけるという際には、大量の画材を持って出かけるのは面倒という方も多いのではないでしょうか?

そこで、皆さんがお持ちのスマートフォンで絵を描ける、高機能なアプリをご紹介いたします。

それが、この「スケッチキット」です。

スケッチキット01

アプリ名:スケッチキット
開発:Yooii Studios

 

使い方紹介

まず、アプリを起動すると、デモ画像や製作した画像が一覧で表示された、画像のような画面が表示されます。

スケッチキット02

白紙から新しい絵を描く場合は、画面左上の「描く」ボタンをタップします。

画面下部の左から二つ目「スタイル」というボタンをタップすると、ペン種や色、太さなどを変更することができます。

スケッチキット03

次に、その右「挿入する」では、図形、文字、ステッカー、写真などを絵に貼り付けることができます。

スケッチキット04

最初の画面に戻り、さまざまな機能を見てみましょう。

スケッチキット05

画面上部のメニュー、左から二つ目の「写真」では、スマートフォン内に保存された画像を元に、編集することができます。

 

次に、左から三つ目の「カメラ」では、新たに画像を撮影して、その画像を元に編集することができます。

 

そして、左から四つ目「インターネット」では、ブラウザ画面をスクリーンショットして保存し、それを元に編集ができます。

いちいちスクリーンショットを撮る手間が省けますので、とても便利です。

スケッチキット06

最後に、一番右側「地図」では、任意の地域の地図を使い、地図上に絵を描いたり文字を入れたり編集ができます。

このように、さまざまな便利機能から、本格的な絵画機能まで、幅広く機能が搭載されていて、絵を趣味にお持ちの方から暇つぶしに絵を描く程度の方まで、さまざまな人にとって便利なアプリであると思います。

皆様も、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

関連

⇒意外と簡単?日本画の描き方の7つの手順

色鉛筆の塗り方のコツ!上手くなるための方法

スケッチの初歩的な2つのコツ


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ