iPhoneの動作を早くする方法【重いiPhoneがサクサク!】 | クマノテ

iPhoneの動作を早くする方法【重いiPhoneがサクサク!】

【サクサク】iPhoneの動作を早くする方法【重い】

iPhoneの動作を早くする方法01

iPhoneは現在ついに大手携帯会社3社で取り扱うようになったことで、さらにユーザーが増えました。
一味違うスマーホフォンと実感する方が多く、iPhoneユーザーはもうiPhoneしか使いたくないといったところでしょうか。

そんなiPhoneですが、使っていて操作が遅く感じてしまうことありませんか?

重いなぁと感じるとき、とても不便に感じてしまいますよね。
そんな時、効果的な処理速度の上げ方をご紹介します。

 

●Wi-Fiをオフにする

外出時などWi-Fiを使っていない時にはWi-Fiをオフにしましょう。
Wi-Fiをオンにしておくと常にiPhoneが電波を探すことになり、電源の消費も多くなる上に重くなってしまいます。
操作前に受信してしまったWi-Fi電波が表示されることになり、それも厄介で操作としてはひとつ多くなってしまいます。

・設定→Wi-Fi→接続を確認で オフにします。

 

●safariのキャッシュyと履歴を削除

iPhoneの動作を早くする方法02

インターネットアプリであるsafariの履歴とキャッシュを削除します。

・設定→safari→履歴を削除→キャッシュを証拠

 

●必要のないキーボードをオフにする

・設定→一般→キーボード→各国のキーボード→日本語

 

●アプリの複数起動を止める

iPhoneの動作を早くする方法03

iPhoneはアプリを開くとそのまま開いた状態になってしまい、気づけばたくさんのアプリが開いたままの状態になっていることがあります。
定期的にホームボタンを長押しし、起動必要のないアプリを終了させましょう。
ホームボタンを長押しすると各アプリが横並びで出現するので終了させたいアプリは上にスライドすることで終了します。

その結果、iPhoneの操作速度は速くなりますし、使い勝手としても便利になります。
基本的に使わないアプリに関しては消去、そして使わない操作は基本的にオフにすることでかなりの重さ解消になると思います。

できるだけサクサクに動くように気を付けて操作してください。
なんでも入れすぎてしまうと重くなってしまいます。

特に音楽や写真データ、動画などは重いので、共有アプリやicloudを使って保存するなどしましょう。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ