ドコモのスマホのSIMカードを入れ替えて、海外旅行先でも簡単・お得にインターネットを使いこなす方法 | クマノテ

ドコモのスマホのSIMカードを入れ替えて、海外旅行先でも簡単・お得にインターネットを使いこなす方法

携帯電話に入っているSIMカードのロックを解除すれば、ドコモのスマホを使って海外旅行先で安く電話を掛けられるということは、

[レポート] SIMロックを解除してドコモのスマホをシンガポールで使ってみた~その1.国内での設定方法~”、

[レポート] SIMロックを解除してドコモのスマホをシンガポールで使ってみた~その2.海外での設定方法~”でご紹介しました。

 

もちろんこれだけでも十分利用価値大なのですが、旅先でのちょっとした調べものなどに、インターネットが使えたら便利ですよね。もちろんスマホをWifiに接続すれば良いのですが、どこにでもWifiがあるわけではありません。

しかし、SIMカードのデータ通信を使えば、日本にいる時と同じような感覚で、ネット検索やメールチェック、Facebookなどが利用できるのです!

 

今回はシンガポールのM1という携帯電話会社のプリペイドSIMカードに設定されているお得なパックプランを利用して、データ通信も使いこなしてしまう方法をご紹介します。

スマホSIMカードインターネット01

これはプリペイドSIMカードに追加チャージする為のカード。チャージした金額は、通話だけでなくデータ通信にも使えます。(別途アクティベートが必要です)

 

カードの右下の方に、「Lowest data rate of 0.2¢/kb」と書いてありますよね。これは、データ通信料1kb毎に0.2セントチャージ金額が減りますよ、という意味。

実際のところ、そのままの状態でインターネットを見たり音楽をダウンロードしたりすると、電話やSMSに比べてデータ量が膨大なので、一瞬でSIMカードのチャージ額がなくなってしまいます。

 

そこで、M1ではデータ通信用に割安なプランを設定しています。7日間有効で計1GまでS$7、30日間有効で計300MBまでS$12などのプランがあります。

この設定方法はとても簡単。慣れない英語でコールセンターに電話を掛ける必要もありません。

スマホSIMカードインターネット02

普通に#100*7#へ電話を掛けます。

 

スマホSIMカードインターネット03

Prepaid SunSurf Plansの番号を入力して送信します。

 

スマホSIMカードインターネット04

自分に合ったデータ通信のプランを選んで送信すれば完了です!

筆者の機種で試してみたところ、Gメールのアカウント、Facebook、Lineは特にログインし直す必要も無く、そのまま使えました。本当に日本にいるのと同じ感覚でスマホが使えて大感動!

 

ただし、M1のSIMカードを入れている間は、ドコモのSIMカードを取り外しているので、ドコモの携帯電話番号に掛かってくる電話を取ることはできないですし(電源が切れていたり圏外なのと同じような状態と思ってください)、ドコモが提供する@domoco.ne.jpのメールにはアクセスできません。それだけはご注意ください。

 

プリペイドSIMカードに入っている金額の有効期限は、最後にチャージした日から180日です。少しづつでもチャージし続ければ、半永久的に使えるということですね!

海外での現地のSIMカードですが、筆者の体験からすると、そんなに難しい作業も無く、快適に海外でも自分の携帯電話を活用することができました。次回の海外旅行や海外出張の時は、このお得で便利なSIMカードの差し替え、ぜひ活用してみてください!

 




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ