アメリカのVOA提供の英語学習サイト~その1 | クマノテ

アメリカのVOA提供の英語学習サイト~その1

英語は世界の共通語、地球規模で見ると英語を話す国が一番多いと言われていますね。日本でも、いよいよ、小学生から英語が正規教育化して、これからは小学校でも英語の成績がつけられる時代になりました。

今の大人たちは中学校からしか英語を習っていないうえ、英語を使う仕事についていないと、どんどん忘れてしまって、中学校レベルの英語もすぐ出てこない!といった状況になってしまいます。

「子どもから、英語の授業の事を聞かれたらどうしよう!ちんぷんかんぷんだわ!」と、ひそかに青ざめているお母さんたちは、実は意外と多いんじゃないでしょうか?

そんな時こそ、インターネットの出番です!

 

実は、世界中の英語を話す国では、オンラインESLや、ランゲージエクスチェンジといった、オンラインの強みを生かした新しい学習方法が次々生み出されています。Skypeを利用したリアルタイムのビデオチャットなども行うことができるので、進歩も早いようです。海外に住むネイティブとそれぞれの母語を教え合う、相互扶助的なスタイルも魅力ですね。(こちらは、後日、改めてご紹介したいと思います)

 

リーディングとライティングが基礎力UPに必須!

こうした方法に加えて、普段の学習としてぜひ、取入れて欲しいのが「多読」「多聴」つまりリーディングとリスニングです。

 

外国語学習は、インプットとアウトプットがとても大切。読んで、書いて、話して、を上手くリンクさせないと、「話せるけど読めない」とか「読むのと聞くのは何とかなるけど、話すのが苦手」ということに陥ってしまいます。

英語は日本語と全く違った構造を持つ言語ですから、リスニングとリーディングを繰り返すことで「耳が慣れる」「文法を自然に覚える」ことの効果はとても大きいと言えます。ぜひ、毎日のように、どんどん、英文を読み、ガンガン、聞きまくっていきたいところですよね。

 

とはいえ、教材を購入しようと思うとお金がかかってしまいます。二か国語放送を英語で聞き流すのも良い方法ですが、これは、学習用の教材ではありませんから、話し方も独特で、スピードも今一つです。また、英文を読みながら聴くということは難しくなります。特に、日本では外国語学習の本が高いので、費用が大変と感じられることが多いと思います。

 

そんな時に、ぜひ利用していただきたいのが、アメリカのVOAが提供している英語学習サイトです。

■VOA(Voice of America – Leran English with Special English )

http://learningenglish.voanews.com/

Voice of America - Learn American English with VOA Learning English(a)

VOAは、以前からFENなどのラジオ放送で、英語学習をサポートする放送コーナーを設けていました。これは、電波が届く場所が限られていたりして、利用できないところが多かったり、放送時間が限られているといった難点がありました。こちらのサイトで提供されているのは、見て、聞いて、読む、という3点をカバーできる教材が無料で提供されています。

また、アメリカという国に関する概要をまとめたe-book も無償でPDFファイルとして提供されています。

アメリカという国のことを英語で勉強してみるというのも、いい経験になるのではないでしょうか?

 

その2ではさらにVOAの詳細をご紹介しています。

VOA 英語学習~その2

関連⇒アメリカ人がよく使う英語~日常会話フレーズ


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ