ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法 | クマノテ

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法

韓国語学習が進んでくると、ハングルの仕組みが分かってきて、

「手書きだけでは満足できない、韓国語をパソコンで入力できるようにしたい。」

といったニーズは、少なくないと思います。実際のところ、ハングルは、ローマ字と同じような仕組みの文字ですから、パソコンで入力するにはなじみの良い言葉と言えます。

 

Windowsのパソコンは、そういうニーズにも簡単に対応できるのが嬉しいところです。ほんのちょっとの手間で、あなたのパソコンの入力システムを、日本語・英語・ハングル対応に変身できるんです!

 

韓国では、日本から結婚で渡韓してくる人のために、無料の韓国語学習テキストや、韓国での生活に関するトピックを提供する公式ホームページを運営しています。その中に、韓国語フォントを入力できるようにする方法も案内がされています。

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法01

 

これは、Windowsパソコンの中に既に用意されているものを使えるようにするだけで、ローマ字入力のような感覚でハングルを扱うことができるようになるというもの。パソコンにあらかじめ組み込まれているIEMというものを、日本語と韓国語の両方が使えるようにすればよいのです。

詳しい手順を見ていきましょう。

 ハングルIME入力切替

 

ハングルのIMEの設定方法を、手順を追って説明していきましょう!これはXPの場合で、windows7も、あまり変わらない方法で設定できることと思います。

 

まず、最初に、原語バーの「KANA」の隣にある▽を右クリックします。(作業しにくい場合は、「言語バーの復元」で、デスクトップに言語バーを移動させてから作業を開始しても構いません)

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法02

「設定」を左クリックします。

 

「テキストサービスと入力言語」の「追加」を左クリックします

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法03

 

「入力言語の追加」が立ち上がります。言語の選択の「▽」を左クリックします。

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法04

 

導入したい言語のリストが示されます。「韓国語」を選択して、「OK」を左クリックします。

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法05

 

次に戻った画面で「既定の言語」に韓国語を追加します。

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法06

「韓国語」を選択して「追加」ボタンを押すと、

 

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法08

ご覧のように、「KO 韓国語」と言う表示が出てきます。これで、入力準備ができました。

 

パソコンを再起動させてみると、原語バーに「JP」という新しいボタンが出来ていると思います。

ここにカーソルを移動させると、このように、韓国語と日本語の入力を選択できるようになりました!

hanguru-windows07

「KO韓国語」をダブルクリックすると、

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法09

 

韓国語IMEが立ち上がり、ハングルのキーボード入力ができるようになります。

 

キーの位置については、こちら(大きいサイズをダウンロード出来ます。)で、キーボードステッカーの無料配布をしていますので、プリントアウトして、利用しても良いでしょう。

ハングルをWindowsパソコンで入力できるようにする方法10

 

韓国語関連記事

韓国語 反切表

ハングル フォント 無料


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ