国宝に再指定された『松江城』を見に行こう! | クマノテ

国宝に再指定された『松江城』を見に行こう!

一度は国宝とされながらも戦後に重要文化財へ格下げとなり、それでもあきらめずに松江の人々が官民一体になって活動し続けた結果、約六十年ぶりに国宝に再指定された……先日、そんなドラマティックなニュースを耳にされたという方も多いのではないでしょうか。

 

島根県松江市にある松江城は安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活躍した武将・堀尾吉晴(ほりお よしはる)によって建てられ、慶長16年(1611)に完成したとされる城です。

特徴はなんといっても今なお圧倒的な美しさを誇り、実戦本意の造りとして知られている天守閣です。

松江城01
特に筆者は歴史に詳しくないのですが、それでもハッと目を惹かれる魅力があります。空とのコントラストがこんなに美しいとは、驚き!さらに黒塗りの凛とした色合いが目を引きます。

松江城02
城好きでなくても、格好よさに惚れぼれするような立派なお城なんです。

ちなみに城内には歴史的に貴重な品々が惜しげもなく展示されています。

入場してすぐのところにある立派な木彫りの文字。

松江城03
多分、以前天守にあった『しゃちほこ』。

松江城04
これ近くでみると大きい上に造りが大胆かつ細やかで、本当に迫力があります。ミニチュア版が出たら欲しいと思うくらい!

これはなんだろう…?歴史に詳しくないのが悔やまれます。ひとまず形が格好良いのでパチリ。

松江城05
思わず感動して何枚も撮ってしまった小箱。ため息がでるほど美しい!まさにクールジャパン!

松江城06
一番上まで登ると、松江市が一望できます。

松江城07
眼前に広がる城下町も美しく、かつてこの城を建てた人もこの景色を愛したのだろうなと思うと胸が熱くなります。

松江城08
松江市民が愛してやまないのも納得の素晴らしい城でした。本当に、素人目に見ても今まで国宝でなかったのが不思議なくらい!迫力と美を兼ね揃えた素晴らしい城でした。
ちなみにお城から出て歩いていると、武将の格好をした方に話しかけられ、あれよあれよという間に城内にある屋敷に連れ込まれ…

松江城09
なんか気づいたら手裏剣投げてました!

松江城10
どうやら観光客向けにやっている手裏剣道場らしいです。意外に手裏剣投げるのが難しく、忍者ってすごいなと改めて思いました(笑)

特に子供や外国の方に喜ばれそう!と思いますが、武将の役柄をされている方や案内役の忍者の方々も優しくて面白いので、普通に大人でも充分楽しめます。急に連れ込まれたにも関わらず、大人四人で思いっきり手裏剣投げを満喫してしまいました。

 

ちなみに的に当てると景品(子供向けのおもちゃ)がもらえますので、皆さんもがんばってみてくださいね(笑)

様々な楽しみ方のできる、また地元の方々の城に対する愛情を感じて心までほっこりできる素敵な観光地でした。国宝指定されたこともあり、松江城観光、今が一番アツイですよ!

公式サイト→http://furusato.sanin.jp/p/area/matsue/30/

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ