神秘的な鏡の池であなたの運命の相手を占おう!『八重垣神社』に行ってきた | クマノテ

神秘的な鏡の池であなたの運命の相手を占おう!『八重垣神社』に行ってきた

静かすぎる山陰の道を走り抜け、たどり着いたのは小さな神社。車を降りると周囲には女性ばかり!狭い道にもぎっしり女性!一体ここは……!?

八重垣神社01
女性が大好きな『占い』。特に恋愛に関する占いはいつの時代も女性の心を掴んで離さないものです。今回訪れた島根県にある『八重垣神社』はそんな女性たちに大人気のスポット。

八重垣神社02
しかし、言っちゃ悪いですがいくら『島根國神仏霊場』の第十四番に指定されているとは言えど、こんな辺鄙…いえ、すこーし不便なところにある神社がどうしてこんなに人気なのか。

筆者が首を捻っている間にも、どんどん目の前に観光バスが止まり、女性たちが色めき立ちながら降りてきます。

 

この謎は絶対に解かなくては。そう、じっちゃん(趣味:麻雀)の名にかけて!

とか一人で騒いでいたら、連れてきてくれた地元の友人があっさり教えてくれました。こちらの神社には『運命の相手』との縁を占ってくれる“鏡の池”があるとのこと。

というか、じっちゃんが登場する間もなく、近くの看板にちゃんと書いてありました。

八重垣神社03
要約すると占い用紙を購入し、その紙に十円玉か百円玉を乗せて浮かべ、沈むまでの時間と距離で自分の運命の相手との縁がわかるらしいです。
とはいえ、実は筆者は占いに全然興味がないので話を聞いてもピンとこない。しかしここで占った後すぐに結婚したという実績を持つ友人は不敵な笑みを崩さぬまま「まぁ、君もやってみたらわかる」などと意味ありげに呟いて私の手を引いて行くわけです。

ひとまず、まずは神様に御挨拶ということでお参りに。

八重垣神社04
立派な神社です。雰囲気も良く、池がなくても良い観光地だと思います。

『古代結婚式発祥の地』であることも判明。

八重垣神社05
他にも『神秘夫婦椿』など目を引くものが多々ありました。最初辺鄙とか言って申し訳なかったです…スゴイ神社でした。

さて、お参りを済ませたら再び手を引かれてまずは社務所で100円にて専用の用紙を購入。すでに透けて見えそうな文字を見ようとしているところを友人に追い立てられ、池へと向かいます。

 

しかし実は私はこのとき結婚することが決まったばかり。式への出席のお願いをしに島根の友人に会いに来たという事情があったのです。

ちなみに相手は誠実さが取り柄といった感じの人。まだ話はしていなかったのですが、占いをそもそも信じていない私はこれで紙が沈まなかったらこの占い、ぜーんぜん当たらない!って友達に言ってやろうと♪みたいな汚い心でいたわけです。

 

うっそうと木の生い茂った中にある池は、人が多いにも関わらずどことなく澄んでいて、しんとした印象です。湖底には多くの紙が沈んでいます。

八重垣神社06
とはいえ雰囲気と占い結果は別物ですからね。

八重垣神社07
百円か十円といわれたら十円をそっと差し出すタイプの女子である私は、十円を紙の上において静かに池の上に置いてみました。

先ほどまでは見えづらかった白い文字が鮮やかに浮かび上がります。

八重垣神社08
あ、誠実って書いてある!と思った瞬間、紙は置いた場所から動くこともなく沈み始めました。

八重垣神社09
占い用紙はあっという間に沈んで、湖底の中に咲く白い花のような紙たちの一部になってしまいました。

八重垣神社10
……鏡の池ってすごい!占いってすごい派に、転向した瞬間です。

距離も近く、沈むまでの時間も早く、まさに状況に合致していました。す、すごすぎる!

ちなみにこんなペラ紙だからすぐに沈むんじゃないかとも考えたんですが、横にいる女性の紙が全然沈まずに遠くに流れていくのを見てそっと口を噤みました。

ちなみに沈まない人は本当に沈まないそうで、以前別の友人を連れてきたときは沈まないわ遠くに行くわでフォローが大変だったというのは友人談。

 

実際、今なお沈むことなく浮かんでいる紙がいくつもありました。あの人たちの運命の相手はいずこ…。

なんにせよ100円ですし、試してみる価値はあるかなと思います。なにより神社全体の雰囲気も素晴らしく、また人気スポットということもあり観光ツアーなどにもよく組み込まれているようです。

 

運命の相手に出会っている方も、いない方も、ぜひ一度鏡の池にあなたの『縁』を映し出されてはいかがでしょう?

公式サイト→http://www.shinbutsu.jp/45.html

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ