スポンサーリンク


バイクのジャケットはどこで買う?教えて!~口コミはこちら

バイク ジャケット
Photo by Mani Babbar Photography

『バイクのジャケットはどこで買う?どこで売ってる?教えて!』(口コミ4件)

↓   ↓

■口コミ1

バイクのジャケットの購入場所のおすすめは、インターネットで購入することです。

その理由は、インターネットでは数多くのジャケットが店舗より安く売られていることが多いからです。

 

しかし、インターネットで買う前に実店舗で試着等をしてもよいでしょう。実店舗のおすすめは全国展開しているナップスです。

ナップスには、HONDAやelfなどの有名ブランドのジャケットをはじめ、さまざまなブランドのジャケットが取り扱われています。

また、価格も1万円前後の物から高級なものまで幅広く売られています。

バイク用品の専門店なので、店員の方からアドバイスをもらいながら選ぶことができるのも店舗に足を運ぶ利点の一つと言うことができるでしょう。

 

■口コミ2

バイクジャケットは基本的には、バイクの車体を売ってる小売店に置いてあります。

正直、お店のオーナーの趣味によって品揃えは全然違いますが、最近ではそういった所で買う方はビンテージ狙いなことが多いです。

 

ジャケットの相場は2万は超えてくると思っててもらった方がいいです。

安いやつは、安全性に欠けたり耐久性が弱いことが多いので、バイクなど転倒すると大怪我になりかねない、乗り物には安全面が最優先になるジャケットをオススメします。

 

多くの品揃えを確認するなら、インターネットでシンプルにアマゾンや楽天で探すのもいいと思います。

値段別や、ランキング順に分かれていますし、カラーバリエーションやメーカー別でわかれているので個人的にはおススメです。

個人的にはRSタイチがカッコいいので好きです。

 

■口コミ3

バイクのジャケットは大きく分けて、店舗とネット通販で購入が出来ます。

店舗の場合、まずその店舗が近くにあるのかが最初の問題です。近くにあるかどうかはインターネットで「バイクジャケット 地名 店舗」と検索をかければ、大体わかります。

 

関東の場合は、ナップスというお店が各地にあるので、そこがオススメです。

店舗が沢山あって、品揃えも多く、色々と試すことが出来ます。初心者も店員さんがアドバイスをしてくれるので安心して入れます。

 

インターネットの場合、Amazonや楽天市場での購入をオススメします。検索で「バイクジャケット」と検索するだけで、沢山の店舗の品物が出てきます。

種類に関しては、店舗よりも遥かに多いので、きっと満足するものに巡り合えます。ただし、試着は出来ないので、自分自身のスタイルをあらかじめ調べておく必要があります。

 

■口コミ4

手近なところで言うと、ホームセンター等量販店のバイク用品コーナーの端に少し置いてあることもあります。

ただ生地がペラペラでファッション性に欠けるため、良いところと言えば値段が安いことくらいです。

 

やはりバイク用品は専門の用品店へ買いに行くことをお勧めします。

人気のブランドから選べますし、通販と違って試着できるのが良いです。バイクのジャケットは見た目と着心地が違うことがよくあるため、高価なものほど試着をして買った方が安心です。

想像していたより重かった、キツ過ぎる等の失敗を防ぐことが出来ます。

 

通販で購入したい場合には、同じブランドの服をバイク用品店で予めサイズ感を知っておくと良いです。1着が高くても気心地が良ければ長年使えますのでお気に入りの1着を購入してくださいね。

 

『バイクジャケットのおすすめブランド・商品を教えて!』(口コミ6件)

↓   ↓

■口コミ1

私がお勧めしたいバイクジャケットは、「(Komine) JK-587 プロテクト ウインタージャケット-TAGA アイボリー/カモフラージュ L 07-587」です。

 

特殊な素材と羽毛を適度な具合で混ぜて作られたジャケットな為、冬は保温性に長け、夏は通気性と速乾性抜群なので、四季関係無く愛用出来る点も非常にポイントが高い部分です。

そしてバイクで走る時に必然的に痛めやすい肩や肘、脊椎辺りの部分は、頑丈で軽いプロテクターがしっかりと入っているので、関節部を痛めない様、常に優しく保護してくれる為、安全性を更に高めてくれる作りとなっています。

さらにこの商品は、デザイン性の方向でも魅力が高く、非常にシンプルを重視しているので、男性でも女性でも気軽に着られる点も皆様にお勧めしたい部分です。

 

■口コミ2

RSタイチのRSJ707モトレックウインタージャケットを購入してみました。

 

いかにもバイクに乗ってます!みたいな雰囲気はあまりなく、普段着っぽくて街中で着てもそんなに違和感がないと思います。

バイク専用ということでポイントはちゃんと押さえられ風の進入はしっかり防ぐように工夫されています。

 

一応インナーも取り外せるようになっていますが、外すような季節には結局着ないですね。ポケットについてるファスナーもグローブをしたまま開け閉めしやすく問題ありません。

 

少しゴワゴワしますがアウターの素材もしっかりしていて丈夫そうです。

着ていてポカポカするような感じではなく、誤解を恐れず言うならば保温性のある強力なウインドブレーカーって感じなので、ハイスピードで長距離を走るような用途だとジャケットの冷たさがジワジワと伝わってくるのでキツイかもしれません。

街中を走る程度なら全く不満はなく気に入っています。

 

■口コミ3

私がオススメするバイクジャケットはkomineのJK-579です。

 

私がこのバイクジャケットをオススメする理由は3つあります。

まず1つ目の理由はビジュアルです。

とてもスタイリッシュでごわついた感じのないスマートな見た目でとてもカッコよく、ジーンズなどにも合わせやすい為、使いやすいジャケットだと思います。

 

次に2つ目が機能性です。

中綿が入っており保湿性がよく寒さから身を守ってくれます。肩と胸と肘と脊椎部分にプロテクターが装備されていて、夜間の視認性を高めるリフレクターが付いており安全面もばっちりです。

また着脱式のインナーがある為、気温に合わせて着ることが出来るところも魅力の1つです。

 

最後に3つ目が価格です。

これだけの長所を兼ね備えながら20,000円弱で購入できる為、コストパフォーマンスがとても優れていると思います。

 

■口コミ4

オフロードバイクに乗る私のオススメバイクジャケットは、Leatt GPX Adventure Jacket です。

簡単な撥水素材のジャケットは防風効果が抜群で、冬でも体温を失いません。

襟部分にはネックブレースを装着するためのポケットが付いているのですが、プロテクターを装着しない時にはそのダブつきがマフラーのような役目をするので首元も暖かいです。

 

袖の肘部分内側にはポケットが付いているのでエルボーガードを装着することが出来る他、ファスナーで袖を取り外せますので夏にはベストとして着用することも可能です。

前身と背中に風通し用のファスナーが装着されているので、体温調整がスムーズです。

 

また腰には大きめのポケットが付いており、首元にはハイドロシステム用の取り出し口が用意されているので、走行中に水分補給することも可能です。

その他リフレクターがデザインの一部に取り入れられているので夜間走行も安心です。過酷なエンデューロで使用することを想定された優れものの一着です。

Leatt GPX 5.5 Enduroオフロードjacket-black / grey-s

Leatt GPX 5.5 Enduroオフロードjacket-black / grey-s

45,679円(11/13 11:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

■口コミ5

バイクジャケットとして「カドヤ」の製品をお勧めします。

カドヤ(KADOYA) バイク用ジャケット SR-NR ブラック LL No.6530

カドヤ(KADOYA) バイク用ジャケット SR-NR ブラック LL No.6530

27,825円(11/13 11:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

オートバイ専用ウェアのブランドとして多くのライダー・バイカーの頭に浮かぶ老舗の一つです。
皮の品質、日本人の体型に合わせた着心地はもちろんのこと、オーダーメイドでは細かな注文にも応えてくれます。

以前は東京本店以外での購入が難しかった同社の製品ですが、現在は各都市の支店・通信販売の他にどこの地方にでもある量販店から手に入れられるようになりました。

 

決してお安い品、お買い得品とは言い難い価格ですが、品質の高さから長年にわたって使用でき、体型さえ変わらなければ間違いなく一生物と言えるジャケットを手に入れられます。

レース用のモデルからツーリング~アメリカンタイプに似合う様々なモデルが用意されているので、目的にあったジャケットを見つけられ、お好み通りのジャケットを見つけられるはずです。

 

■口コミ6

私はVictory Manという社の「FOMANSH B07CQQ3VBJ」をおすすめします。

 

この商品は見た目的には特に目立つものはないのですが、それゆえにシンプルで良いです。シンプルこそのオシャレです。生地はレザー素材で、艶があり、シンプルな見た目でも高級感があります。スマートに見えて格好良いです。

 

季節は秋春先とスリーシーズンに対応しています。一年の多くを共に過ごすことができるジャケットで、私のバイク旅の相棒をなっています。

表面は黒くつやつやとしたジャケットですが、内側の生地が赤と黒のチェック柄になっています。この部分は隠れたオシャレな感じがして個人的にはかなり気に入っています。

シンプルでスマートなので、バイクビギナーには本当におすすめだと想います。

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ