スポンサーリンク


かりんジャムの作り方 レシピ【旬のレシピ~かりん~】

かりんの実は見た目はとっても美味しそうなのに、生では食べられないのが残念。

のど飴によく入っている成分ですよね。

なかなか使い道に困るものです。でもとってもいい香りがします。今回は、そんな、かりんを使ったジャムをご紹介します。
固いかりんを切るのはとっても大変!でもそれ以上に出来上がりのジャムの味は驚きますよ。

かりんジャム レシピ01

1 材料を揃えます
2 下ごしらえ

・実をリンゴを割るときのように4等分します。実はとても固いので、包丁でで割るのは力がいります。十分に気を付けてくださいね。

かりんジャム レシピ02

・真ん中の芯の部分を種ごと、えぐりとります。
※皮と種は、すべてとっておきましょう。

かりんジャム レシピ03

・皮をきれいにとった実を、薄切りにします。

3 皮と種をゆでます

かりんジャム レシピ04

・最初に皮と種を、全体がひたひたになるより多目の水で煮ていきます。煮立ってから10分ほど、煮込み続けます。

かりんジャム レシピ05

※皮・芯・種のまわりから、花梨のエキスが溶け出して、鍋の中がとろとろになってきます。確かに生のままでも、種自体もべとべとしていますよね。

4 煮だしたとろとろ液をこします

かりんジャム レシピ06

ジャムに使うのは、このトロトロ溶液。ザルで皮・芯・種を除き、さらにふきんで溶液を濾します。

かりんジャム レシピ07

5 グラニュー糖合わせる

かりんジャム レシピ08

調理前の実の重量の半分弱の砂糖をとろとろ液と一緒に鍋に入れます。

6 実を合わせる

かりんジャム レシピ09

砂糖が溶けきったところで、刻んだ花梨の実を鍋に入れます。

7 煮込む

かりんジャム レシピ10

煮込むと花梨の実 が、少しずつ色づき始めきれいな橙色になってきます。だんだんととろみが、強くなっていきます。味見をし、弱火で底がすぐこげないように注意しながらひたすらかきまぜ続けます。お好みの固さまで煮詰めます。
※砂糖が 多すぎると、花梨の持ち味である香りや強い酸味が弱くなります。

8 瓶詰め

かりんジャム レシピ11

煮沸した瓶に詰めていきます。

渋みが残る場合がありますが、瓶詰めにして寝かせているうちに、まろやかにな理ますのでご安心を。喉によさそうでもあります。
かりんジャムはヨーグルトやパンにつけてかけて朝食につかったりするのはもちろん、水や倍量に溶いて、ゼラチンを入れて固めればゼリーにもなります。

我が家では、クラッカーにクリームチーズとかりんジャムを乗せて少しオシャレなワインのおつまみとして登場します。
お料理のソースにも使えそうですね。

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ