スポンサーリンク


ジップロックで簡単野沢菜漬 レシピ~その1

ひょんなことから、野沢菜を約1kgほどいただきました。

大根の収穫をお手伝いに行くイベントに参加したら、たまたま、種が混ざっていたようで、一緒に生えてきたようです。
本来、野沢菜づけにするには少し時期が早くて、オマケに、大根に混じって生えていたもので、ちょっと、ひょろひょろで、普通に漬けるには役不足なんだそうです。

捨ててしまうのももったいなくて、遠慮なく、いただいてきまして、ジップロックを使って、漬けてすぐ食べられる、浅漬け風の野沢菜漬にしてみました。

 

簡単野沢菜漬の材料

・野沢菜 1kg
・自然塩 カップ1/4
・なんばん、または、鷹の爪 少々
・味付け昆布 小さじ1

 

作り方

①下準備から下漬
野沢菜は、良く洗って、根っこを切り落とし、傷んだ葉や茎を取り除きます。根っこは、切り干しにするとおいしいですよ。
野沢菜漬01

②ジップロックの大きさに合わせて切り揃えます。
野沢菜漬02

ジップロックを重ねてみました。今回は、幅26cmの物を使いましたんで、これにちょうど入る幅に切ってあります。葉先は折りたたんで入れることができますから、多少大き目でもOKですよ。

野沢菜漬03

③下漬をします。袋の底に少量の塩をまいておいて、野沢菜を詰めていきます。最初は、根の付いていた方から。

野沢菜漬04

④合間に、南蛮を用意しましょう。

野沢菜漬05

小口切りにして、塩と一緒に、少量づつ、パラパラっとまいて漬け込みます。
野沢菜漬06

ひとつかみ、詰めたら、塩と、南蛮をパラパラっという感じ。

野沢菜漬07

⑤最後に葉先を詰めたら、少し多めに塩をふって、口を9割閉じます。

野沢菜漬08

⑥ここからが、ポイント!普通の樽漬けの場合、うち蓋をして重石をすることで、水をあげるようにします。ジップロックの場合は、重石なしで、これをやるんです♪

詰めた野沢菜の方をつかんで、くるくると巻いて、空気を抜いていきます。

野沢菜漬09
野沢菜漬10

こうすることで、空気が上の方に集まってきますから、ぎゅっと握ったまま、口を少し開けて、空気を抜き、密封するようにします。
野沢菜漬11

2~3回繰り返すと、空気がほとんど抜けてくれます。

野沢菜漬12
野沢菜漬13

このまま、やや涼しいところに置いておいて、水が上がるのを待ちます。

⑦一時間ほどすると、水が上がり始めます。

野沢菜漬14

握ってみると、しんなりして、隙間ができてきています。

野沢菜漬15

このままだと、重石効果が薄れてしまうので、またまた、くるくる丸めて空気を抜いて、密閉しておくようにします。
時々様子を見ながら、野沢菜からしみだしてきた水分に、野沢菜がしっかり浸った状態になるようにして、一晩おいておきます。

一晩経つと、こんなに水が上がります。
野沢菜漬16

しっかり重石をしたような感じに漬かっています。
野沢菜漬17

このまんま、更に一晩おくだけでも、食べることはできます。でも、ちょっと、漬かりが浅すぎて青臭く、味が足りないので、味付けをして、本漬けをします。

続きです⇒ジップロックで簡単野沢菜漬 レシピ~その2はこちら

 

関連記事&スポンサーリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ